我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

タグ:内山@我蘭堂のつぶやき ( 536 ) タグの人気記事

桃って好きだ!

暑い日が続きますが皆さんいかがお過ごしでしょうか・・・・
7月のお盆商戦もピークを過ぎたので当店はチョッと一段落。

そんな中、仲間の「Fさん」より桃の贈り物を頂戴いたしました。
あぁ、ウマそう・・・・
よく冷やして皮剥いて、顔中ダルダルにして食べようっと!

Fさん、いつもありがとうございます!
d0050713_14292551.jpg

by garland1992 | 2006-07-13 14:37 | Comments(2)

4週間突破!

写真のカーネーションは5月12日に仕入れたスタンダードカーネーション「ヒミコ」です。
一本残して常温のところに飾っておいたのですが、すごい長持ち。

若干くすんで来ましたが微妙なパウダーブラウン具合がいい感じの品種です。

当店からお嫁に行った他のカーネーション達はどうだったかなぁ・・・・
d0050713_9202926.jpg

by garland1992 | 2006-06-14 09:23 | Comments(0)

目指せ30周年。

当店は花の発送等をする関係上、宅急便の取次ぎ店になっております。
このたびヤマト運輸30周年記念ということで「クロネコヤマトのマークいりマドレーヌ」を
ヤマトさんから戴きました。
なんだか可愛いので写真を撮りました。
d0050713_17331441.jpg

我蘭堂も今年、足掛け15年目に突入いたしますが、当店も30周年目指して頑張りたいと思います。
その時には当店も何かプレゼントをしようかなぁ・・・・
何がいいかなぁ・・・・・

新巻鮭でもどうでしょう・・・w
by garland1992 | 2006-01-29 17:43 | Comments(2)

晴れて表舞台へ

いままで店のバックヤードで出番を待っていた「千両」達。
今日から出番です!
d0050713_7515658.jpg

by garland1992 | 2005-12-27 07:52 | Comments(4)

明日もあるさ(冷や汗)

クリスマス・イヴです。
現在まだ全開バリバリ営業中の我蘭堂店内で店番中の内山@我蘭堂です。
今年はがっちり週末に絡んだクリスマスですから皆さんそれぞれ
予定を立てている事でしょうねぇ。
下の写真は今週末お勧めのバラ「チェリー・ブランディー」です。
d0050713_20404387.jpg

クリスマスがらみの記事も今年はこれが最後でしょうかね
松と千両のお後がよろしいようだし・・・
d0050713_20551537.jpg

イヴの営業時間も残すところあと少し・・・
クリスマス当日は意外と盛り上がらないこの家業、ちょっと仕入れすぎたかなぁ・・・・
by garland1992 | 2005-12-24 21:03 | Comments(3)

サンタが店にやって来た。

何だか今日はちょっぴり寒くって冬の気配を感じます。
我蘭堂の店内もクリスマス仕様になりました。

といってもフローリスト部はこれといってクリスマスらしい品物がまだポインセチアくらいなんですが、我蘭堂雑貨部「クウレイ」はハリキッテマス!クリスマス一色です!

さし当たってイベントのないフローリスト部は、その売り場をどんどん侵食されています。
(いいのか?これで・・・)

しかし幾つになってもクリスマスっていうものは心騒ぎますねぇ。
雑貨部との「コラボ商品」にどうぞご期待くださいませ。
d0050713_1743485.jpg

d0050713_17344692.jpg

by garland1992 | 2005-11-11 17:47 | Comments(0)

季節はずれとお思いでしょうが・・・

いろいろご意見が有るでしょうが、実はこの時期にこそ本当に良いヒマワリが
出荷されて来たりします。
本来「キク科」の植物であるヒマワリが迎える本当の旬というのは
今頃なのではないかと私は考えます。

とは言っても、生産者の方もご商売ですから需要のピークを過ぎたこの時期に合わせて
作ることもできないでしょうし、我々花屋もどんなに良い状態のヒマワリであっても
「クリスマスが終わった後のクリスマスケーキ」状態(ゴメンね、ヒマワリ・・)とも言える
この花をご予約も無いのにたくさん仕入れるわけにもいきません。

ただ、本来季節とリンクしていくはずのこの商売ですから、需要と供給だけを追っていくのでは無く、多少季節はずれであってもこのヒマワリのように「手頃で良い花材」を
上手にプロデュースしていくのも我々プロの使命なんでしょうね。

      がんばれ、季節はずれ!
d0050713_18504068.jpg

by garland1992 | 2005-10-30 19:33 | Comments(2)

これもDNAが起こす神秘でしょうか?

写真は同じ生産者、同じ品種、同じ入荷日の百合です。
ちなみに品種は「ソルボンヌ」。
正直ビックリしたのですが同じ品物でも管理の仕方によってこんなに色の出かたが違うんですね。

右の薄い色がでたソルボンヌはキーパーの中に入っていたもの。
左の綺麗なピンクが出ているのは、お解かりのように「水が下がって」います。
じつはこの左の百合はキーパーの外に置いておいた、しかも桶の水についていなくて「枯れかかっていた」ソルボンヌです。写真では判りにくいですが、つぼみにさえ、すでに色素が強くでています。
キーパーの中より常温の方が色々な面で良い事は承知していましたがこの違いは何でしょう?

私が考えるにこの綺麗に色づいた百合は「このままでは水がなくて枯れてしまう!」っという種の保存の危機にさらされた本能が、交配の為、虫を集めなくてはならないという危機感から生まれた「色付き」なんではないでしょうか?

いずれにしても20年間この仕事をしている私でさえ説明がつかない事をしでかす花たちは、やっぱり神秘です。
見識ある方のご意見を是非、聞いてみたいです。
d0050713_1302965.jpg

by garland1992 | 2005-10-07 01:30 | Comments(9)

フーセンカズラの種って・・・

柄が「ハート」なんです。
初めて知った・・・・・こいつかわいいぞ。
d0050713_18455681.jpg

by garland1992 | 2005-09-27 18:48 | Comments(2)

幕張ベイ・ブルース・・・

彼岸の入りの日の、しかも「翌日にスタンド花11基の注文が入りこれから製作しなければならない」という夜に、かねてから予定されていた商店会の親睦のイベント「食事会」が昨夜行われました。

幕張のホテルニューオータニにて行われたその食事会は、本部役員でもある私がバックレる訳にもいかず、後ろ髪をひかれながらも出かけていきました。

写真はロッテマリンスタジアムの試合の途中に上がる花火です。
24階で行われていたその催しの会場では、その花火は目線より下に上がって(?)いました。

たいへん美しく、幻想的であったその光景を、私はこれから始まる「夜なべ」に想いを馳せながら眺めていたのでした。


・・・・・・・・なんで今日かね。
d0050713_1528343.jpg

by garland1992 | 2005-09-21 15:28 | Comments(2)