我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

セクシーほうづき

今年も お盆商戦で売れ残っ・・・ ぢゃなかった、
わざわざ売らないで残しておいた ←(と、強く主張)ほうづきで
「スケスケほうづき」を作りました(笑)
d0050713_1124298.jpg

まだまだ製作中・・・・
秋を感じる装飾にもいいかもね・・・・

不思議な魅力です、はい。
by garland1992 | 2014-08-31 11:35 | Comments(0)

今年もこの季節・・・

広島の土砂災害で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。



そんな中ではございますが・・・
d0050713_10515595.jpg
23日(土) 24日(日)は地元のお祭りでございます。

毎年8月の下旬に行われる松が丘のお祭りは 我蘭堂のある商店会も協賛しておりまして
夜の盆踊り会場では 商店会員が家業ほっぽり投げてテキヤのオッチャン、オバチャンをやっております。

我蘭堂もこの週末はちょっと早じまいとなります
ご迷惑をお掛けいたしますが すべては祭礼の為、ご了承願いたいと存じます・・・


内山@我蘭堂、今年も子供達のコリントゲーム担当・・・・

小学生のヤンチャクチャ坊主と 闘ってきます(笑)
by garland1992 | 2014-08-23 11:05 | Comments(0)

10倍カガミを知ってるかい?

メイクをされる女性の方にはお馴染みなのだろうか?
そして男性の方はご存じだろうか・・・・

10倍鏡を。
d0050713_1515479.jpg

ちょっと前にカッチーと長女が買ってきたモノである。

この鏡は 表面は普通の鏡で クルリと裏返すと画像のような凹面の鏡になっており
顔を近づけると10倍の大きさに拡大されるという まぁ カンタンな仕組みの鏡であります

カッチーに忍び寄る老眼の魔の手が この鏡を購入させたんだろうけど

これ、

ナメてかかると 痛い目にあいます・・・・

その10倍鏡で初めて自分の顔を見た時の衝撃っていうのを僕は忘れません

「このひでぇ顔のおっさんはダレダ?!」
 ってなります

ちょっとガチで凹むほどのブサイクさです
梨の表面みたいな肌です、ぼく・・・

いやまぁ じゅうぶんオッサンを受け止め、受け入れていたつもりでしたが
この鏡で自分を見た時の現実の突きつけられ方はハンパじゃないっす(笑)

それはもう いたたまれなくなって 思わず妻に

「こんな僕と結婚してくれてありがとう」

と言いたくなり、家庭円満に一役買うという 
そんな諸刃の剣であるグッズです(笑)

あぁ 幸せはいつも 哀しみと隣り合わせですね・・・

さぁ 皆さんのお宅にもおひとつどーーぞっ!
by garland1992 | 2014-08-17 15:40 | Comments(0)

立秋イヴ。

明日からは「残暑見舞い」ってことだよね・・・・
暑さはまだまだこれからだよなぁ・・・


上旬用、下旬用と、月二回に分けて納品するようになって二年くらい経つのかな、
UPするのは久しぶりですが 今もかわらず美容室Taebisへの納品は続いております
d0050713_1205761.jpg

以前のようなヴォリュームってわけにはいかないんだけど
内山@我蘭堂なりに季節を切り取ったアレンジをお届けしてます。

10年ちかく前に始まった仕事だから当たり前だけど
各店舗、スタッフの様子もそれぞれ様変わりしてます
当時新人だったひともすっかりベテランだし・・・

みんな成長を伴った変化をしているんだろうね。


同じものを納めているつもりはないけど 同じ季節がやってくると ある程度おなじ花材を使うことになるから
こちらも成長を心掛けないと 心に留まる花を活けられなくなっちゃうよね・・・

そういう意味で 続けながらそれを維持することは 口で言う程カンタンじゃないことですね

これからもいろいろアンテナ立てて感受性磨かないとなぁ・・・

みんないつもありがとね。






by garland1992 | 2014-08-06 12:45 | Comments(0)

「花」と名の付くモノですが・・

7月の終わりから8月の上旬にかけて 花火大会があちこちで行われてますね
花火大会ってほとんど見に行ったことがないんだけど
夏の代名詞だから夏好きの人には盛り上がるイベントなんだろうね。


今年は花火大会での場所取りで 河川敷の芝生にカラースプレーを塗って場所取りをする輩の事が
ニュースになってたけど 他にもいろいろトラブルがあったりするんだろうなぁ・・・

邪魔するモノの無い、良い場所で、まん丸の花火を見上げたい という気持ちは良く分るけど
夜空に上がる花火ってのは そんな戦闘態勢なキモチで見上げるものなのかね・・

「花火」の下で「火花」散らさなくてもねぇ(笑)

たしかに ワイワイとにぎやかに真上に上がる花火ってのは格別なのかもしれないけど、

遠くに上がる 
高い建物に食われた 
半月のような花火を 
斜め上を向きながら見るってのも

それはそれで オツなもんなんだと思う

まぁ そう思うのは 僕が「夏」と「人の多いところ」が苦手な人間だからかな・・・





このあいだ 船橋市の花火大会があった
遠くに聞こえる花火の音に気付いて 仕事のキリの良い所で屋上に上がったんだけど
欠けた花火どころか火花一つ見えなかったです・・・・出遅れました(笑)


むかし、サントリーの名作コピーで
「恋は遠い日の花火ではない」ってのがあったけど 
そんなふうな しっとりとした花火大会があったら浴衣着て出かけたいと思います(笑)
d0050713_16121119.jpg

by garland1992 | 2014-08-01 17:19 | Comments(0)