「ほっ」と。キャンペーン

我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

住み込みアルバイター

夏休みってことで 仕入れ日の主に水揚げ要員として 
次女@我蘭堂がアルバイターとして入りました。
d0050713_17593366.jpg
相変わらず小さい・・・中坊みたいだ・・・

まぁ 本気でこの仕事覚えたいってことなら うちで仕事するのはお断りなんだけど
単にバンド活動費の為のアルバイトみたいなので 短期として。


劣悪な経営者により、世間知らずの高校生を 過酷な条件下 不当な賃金で 
こき使うことになりました 

ギッヒッヒッヒッヒ・・・・


「内山君、まずは 四十肩でキシんでいる 社長の肩をもみなさい」


(もう一度)ギッヒッヒッヒッヒ。



早くちゃんとしたバイト見つけなさい(笑)
by garland1992 | 2011-07-29 18:12 | Comments(6)

真摯な心で臨みましょう

d0050713_1255815.jpg
このままいっちゃう事は無いんだろうけど 台風以降、夕方とかけっこう涼しい日が多い今日この頃・・・

なんて 思ってたら 「パンパス・グラス」仕入れちゃいました。

まぁ ススキの親分みたいなもんです←(ざっくりな説明過ぎっ)

これ飾ると ほんのりだけど・・・・・・





「秋ねぇ・・・」  ってなるでしょ? ←(まだ7月)


このパンパス、入荷時は
d0050713_12134399.jpg
ってなってて、タケノコみたいな状態です。

穂が出た状態のモノを薬品でさらして ドライ花材として出回っているのもあるけど
この時期はまだ 上の状態がフツーです。

それを 花屋が皮剥いて穂を出すんだけど 華道教室とかに納品する際、皮を剥くのもお稽古の一環になるからと、そのまま納品することもあります。

なかには タケノコ状態のまま 活けている先生なんかも居て 様々な華道教授模様が垣間見れたりします(笑)


今朝、市場でそんな話をしながら
「じゃぁっ この花屋歴四半世紀越えのオレ様が剥いて見せてやるっ、見てろっ!うりゃぁあっ!」 ってやったら・・・



折れて失敗しました←(撃沈)


シッポ巻いて逃げて帰ってきまして お店でもう一本剥きましたところ
d0050713_12243550.jpg
 成功。 ←(トーゼンです、ふふんっ)


見てろ、もういっちょ剥いてやるっ! 今朝は失敗したけど 〇〇ちゃん見てるかっ?!

うりゃっ!
d0050713_1226452.jpg

失敗しました。
折れ落ちた穂が涙で滲んでぼやけてます

あぁ素人以下のテクニック(笑)
信じられない確率で失敗してます(汗)
仕事に対するおごりの心が見て取れます・・・

顔洗って 出直します・・・・・・・
by garland1992 | 2011-07-27 12:43 | Comments(4)

便乗商売と呼ばないで(笑)

d0050713_17423743.jpg

「なでしこ」入荷中。
by garland1992 | 2011-07-23 17:42 | Comments(0)

S先生、お元気かなぁ・・・

ちょっと時系列乱れるけど 髪の毛バッサリ切りました
なでしこジャパンのゴールキーパーの方より ずっと短いです(笑)

円形脱毛症もスッカリ完治したし!

スーパークールビズヘアーですぃ!

こんなに短くしたのは 中一の時、ずっと校則違反だった僕に業を煮やした担任の先生が
ホームルーム時、戒めの為にみんなが見ている前で僕を教壇に座らせ バリカンでザクザク切って ワカメちゃんみたいな頭にし、どうにもならなくなった後、床屋に連れてって坊主頭にした時以来です(笑)←(笑っとけって)

いまならニュースになるような大問題だけど、その時もケッコウ大騒ぎで
頭を刈られてる最中も 廊下には見物人の他クラス生徒やら 先生やらがあふれていて
内山擁護派、内山ざまあみろ派、喧々囂々でした。

僕はけっしてヤンチャな男の子じゃなかったんだけど 当時からすっごい偏屈なとこがあって
女子は良いけど、男子はダメっていう髪の長さの決まりが許せなくて ずっと校則違反したままでした。

なんでダメなのかを明確に説明してくれる先生は 一人もいなくて
「男の子らしさ」とか「女の子らしさ」とかを楯に もっぱら「ダメなものはダメ」ってね。

学校は大好きだったから 毎日ちゃんと来るのに ちっともいうこときかない僕にシビレを切らした職員会議が 上記の「断髪式」を決行させたらしい。


先生や、学校になんの恨みも無かっただけに 当時の僕の失意は相当で
大人に負けた感っていうか、屈した形になった自分への失望感やらなにやらで ただでさえ多感なお年頃なのに ナニさらしてけつかんねんっ!って感じでね・・
その後はさすがに ちょっとクサっていた時期もあったけど あの時の理不尽な仕打ちってのは 現在、父親になってから自分の中に 反面教師という教訓として刻まれているのかもね。

だってあの時、きちんと言葉で僕を説得できる先生が居たら 自ら ちゃんと髪を切って来たと思うもの。
というよりも、僕を説得する正義が先生側に無いのを ご本人たちも気づいていたから
僕の言うことが 憎らしかったんだろうね。


その反動で 僕は校則が自由で髪が伸ばせるっていう理由だけで都立高を受験し 
その高校時代は 今写真をみると
「オマエあたまオカシイ」ってくらいのロン毛時代に突入します(笑)


いまでも時々「長髪欲」が僕の心を支配する時がありますが
当時のような長さにすることは 一生ないんだろうね・・・
だって いつかの記事で内田裕也のことコテンパンに書いちゃったもんね(笑)


それにしても 頭洗った時の乾き方が早いですね・・・

だって すっげ短いもん。


あの時の トガッた僕が 数十年後の この自分の髪型を見たらなんていうだろ?



「オマエあたまオカシイ」


って 言うのかもね。
by garland1992 | 2011-07-18 20:06 | Comments(2)

サイボーグ009にしてください。

調子に乗って歯間ブラシでギコギコやってたら 前歯の詰め物が取れやがりまして 
歯っ欠けオヤジはあまりにもカッチョワリィわ、しゃべるのにもちょっとどうかと思い
急遽レッスンをキャンセルさせて頂いて 歯医者のアポを入れました
予定していたSさん、そういう理由です、ごめんなさい。

久しぶりの歯医者さん、虫歯は無いんだけど 歯並びはじめ、歯関係はコンプレックスは多いです 
でもまぁこの歳になると そんなの関係ねぇやって思って行ったら、歯科助手の方の中に よく知っている ご近所の奥さんをはじめ、可愛らしい女性の方ばかりと知り、これはもうバカ面して口開けてお見苦しいものをお見せするのはやっぱり恥ずかしくなり 治療室の窓を蹴破り「ガシャーーン」って出て行こうかと思ったんだけど 諦めて口を開けました←(バカ)

そして治療が始まって ウィーンウィーン削っている最中に 昨日の震度5の地震・・・
ちょっと貴重な経験となりました

3月の地震の時も 中には なにもこんな時にっ ってタイミングで被災した方も多いんだろうね。

まぁ、先生はじめ落ち着いて対応してくれて、僕らも良いのか悪いのか地震慣れしちゃって
慌てずに対応できましたが 皆さんは大丈夫だったかな?



そんなこんなも含めまして チタン装着完了し ハイパーサイボーグ内山に変身完了しましたが
もうちょっと他の部分もサイボーグ化を進めて 放射能に強い身体を手に入れたいと思います←(ムリ)


それまで可愛い歯科助手さんからの羞恥プレイは続くのです←(バカ2)
by garland1992 | 2011-07-16 12:16 | Comments(0)

在り続ける消えモノ商売へ

先日、あるバラエティー番組での話
人気お笑いコンビがMCをつとめる番組のなかで「吹き戻し」の製造販売の会社社長が出演して話をしていた。
観てた人も多いかな・・・

ピンとこない人の為に 吹き戻しっていうのは・・・
d0050713_14201956.jpg
これね。

この商品に対しての思い入れや、苦労話、ある時期、中国産の製品に押され倒産の危機であった話など 面白おかしく取り上げていた。

いい年をした社長がピロピロピロー と吹き戻しを吹くシーンも織り込まれ MCの芸人さんの力もあって「子供のおもちゃに入れ込んでいるいい年をしたおっさん像」を際立たせて 若干チャカしているカンジで番組は進む、若干ね。

芸人さんがMCをやっているんだし 番組の主旨もあるだろうし おもちゃに真剣になっているおじさん社長をちょっと滑稽に描写していること自体に 僕はべつに不快感を感じませんでした。
MCの二人もその辺のところは きちんと失礼無くやってましたし。


その流れのまんまで 最後に お決まりの質問なのかしらないけど よくある質問で、

「あなたにとって『吹き戻し』とは なんですか?」
って 訊かれて その社長は

「僕を笑わせてくれる 必要の無いモノ です」 

僕は ここで 胸がジンとなって あやうく落涙しそうになった
娘が横にいなかったら 我慢できなかったかもしれない

この社長のセリフをここで掘り下げるのは やめようと思う
受け取り方はそれぞれだろうから

どうして僕がこんなにも この言葉に心の水面を揺らされたのだろうかっていうと
自分の仕事も似たような部分が 少なからずあるように想うから・・と。

特に、食べるわけでもなくすぐ枯れていく 切り花を生業にしている自分が って。



その社長は最後に「今後の夢」ってのを訊かれて
「口の部分を丸くして 鼻に入れられるようにして 三方向にピロピロできるようにする」
って言った。

ははっ・・・なんだよそれ すぐ作れそうじゃないか・・・

あぁ・・



つくづく僕を泣かせるオヤジさんだ

僕の理想像が そこに 確かに在りました。
by garland1992 | 2011-07-12 16:11 | Comments(2)

戦慄の侍プリン

d0050713_10414383.jpg
こんな袋に入ってて・・・
d0050713_10424194.jpg
こんなんで・・・
d0050713_10434854.jpg
こんなことになっていて・・・




でも あとは画像無し・・・・


なぜなら・・・・・










全部食っちゃったからっ!


sanasanaji-kuゴチでしたっ

かたじけないでござるっ!!
by garland1992 | 2011-07-12 11:05 | Comments(0)

やっぱりおつまみはワッフルが良いのかね?

週末は 久しぶりにsanasanaji-kuとミーティング兼、母の日打ち上げ(遅っ)がありました
場所は 鶏んちゅぬ聖地「ひょっ〇こ」にて。

来月久しぶりに一緒に作るウェディングブーケの打ち合わせを少し(ほんとに少し)して
近況を話して あとはいつものプレイ・・・(プレイって・・・)

終電まで余裕があったので これまた久しぶりにいつものお店にハシゴしようとしたら
お店の地下に そのお店の2号店みたいなのが有って 今回はそこへ・・・

コンセプト分けしてあるらしくて こっちのお店は ワインとビールが多種類おいてありました。

メニューをみたら ベルギービールがいろいろあるじゃないですかっ!

・・・って、いやまぁ 正直いうと飲むのは2回目なんだけどね、アルコール度数が高いビールなんですよ、これがまた。

銘柄はぜんぜん詳しくないから その旨マスターに伝えてお薦めをひとつずつ出してもらいました。
d0050713_18112886.jpg
僕に出してくれたのは 専用グラスが特徴的なパウエルクワック。
sanasanaji-kuは 画像撮り忘れてなんだか覚えてないので割愛(笑)

アルコール度数8~9%とちょっと高め・・・
だから「とりあえずビールね!」 なんて心構えで飲むと撃沈します、はは。

基本的に 僕らは ちっともお酒が強くないので 
気を付けなければあきまへん。

苦味はあんまりなくて むしろ甘さを感じるビールでした。
あんまり冷やしすぎないほうが良いらしいです、まぁなんていうか カパカパ飲むビールじゃないんだね、要するに。

そんなこんなで 結局終電ギリになったsanasanaji-kuは 今夜も北習志野駅の階段を
シンデレラのように駆け下りていったのでした(笑)

ベルギービールが効いてきて千鳥足なんだから あぶねぇぞ。 ←(お前もね)
by garland1992 | 2011-07-10 18:11 | Comments(2)

七夕ライヴにて

「今度やるLIVE、お店がお休みの日だよ、観に来てよ」
次女@我蘭堂が そう誘った日は 七夕の夜でした。

場所は本八幡「third stage」
ここのライブハウスは 僕の中学の同級生が企画したハコで ちょっと縁のある場所・・・
僕自身もこのお店を経営している会社の人と 別の場所で一緒に音楽をしたことがあった。
というのも その頃は まだこのお店は出来ていなくて その前身となったお店が 近くにある「ニッケコルトンプラザ」っていうショッピングモールの中に 演奏を聴かせるライブレストランとして別の名前で入っていた。

僕はもう今の仕事をおぼえている頃で、結婚もしていたんだけど 目標っていうか 夢っていうか
そういうものが まだ半透明にしか見えてなかった頃だった気がする。 

当時、そのお店は 月に一度くらい 今でいう「アンプラグドデー」みたいなのがあって 
その企画日の時に そんな宙ぶらりんな気持ちだった僕に 時々声が掛かっては出向いて 弾き語りみたいなことをして5~6千円頂いて、そのままその場で飲んで そのギャラを そっくり飲み代として払ってきたりした(笑)

あの頃の思い出は 切ないものばっかりだけど これだけは 今でもクスッとなるようなイイ思い出です。



そんなこんなを 全く知らない次女@我蘭堂が その流れをくむライブハウスに出演するってことで まぁこれも縁ってことで カッチーとふたりして 若者に混ざって行ってきました。
受付の女の子に訊くと 経営者のM氏は 今日残念ながら出勤してないらしくて 再会はまたの機会となりました。

いくつかのバンドの演奏が終わって最後に次女@我蘭堂のバンドは出てきました 
d0050713_10464929.jpg
もうね、まっぴーちっさいからドラムの陰に隠れちゃって見えねぇわけです(笑)

他にもまっぴーの同級生達が出演したんだけど MCの中で
「明日で試験がおわりだけど・・・」 っていう内容のMCがあって

そうなんだぁ・・・
って おい、
今、試験中なのかっ!? 

と 顔を見合わせるオポンチ父さん&母さん。

まっぴー、やりやがったな(笑)


「こっちが大事」って思っての行動なんだろうから まぁそれはそれでよし。
でも自由にするってのは けっこうシンドいぞっ ってことは肝に銘じなさいよ。

「だいじょうぶ!」って顔をしてたけど その自信はひょっとして
七夕の短冊に 「赤点取りませんように・・・」 って書いたわけじゃないだろうな?

まぁいいか、楽しそうだったし(笑)

ライヴお疲れさん、今回はうっかりしちゃったけど 今度は花束と差し入れ持っていくよ。
by garland1992 | 2011-07-09 11:25 | Comments(2)

切り花の生命力

d0050713_1382170.jpg

お店のお手洗いに飾ってあったカラーが枯れたので取り替えた。

忘れもしない母の日用に仕入れたカラーの鉢植えの中で 折れていたものを切り取って飾ったものだ。

二ヵ月間飾っていた。


捨てづらい。
by garland1992 | 2011-07-05 13:08 | Comments(0)