「ほっ」と。キャンペーン

我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

可愛いアレンジを一対で。

今朝は一番で 地元自治会連合会主催の「人形供養」の祭壇のお花を納品に
d0050713_1014660.jpg
ちいさな 可愛いアレンジを一対納めただけなんだけど
早く納品に行きすぎちゃって まだ祭壇ができてなくって・・・ 

だから 途中の案内の看板を写してきました(笑)

地域の人たち何人もが みんなボランティアでやっているこの人形供養、
我蘭堂としても 頂いた予算に関係なく 奉仕の心で作らせていただいてます。


人形や、ぬいぐるみって 要らなくなったからって簡単に捨てられないよね・・

だから 何年かに一度行われるこの松が丘の人形供養って けっこう評判が良くって
遠くから持ち込む人が来るくらい 人と人形が集まります
ちゃんと住職が来てお経をあげてもらえるし。

我が家も娘たちが小さい頃 何度かお世話になったことがあります


モノに魂が宿るっていうのは 日本人には特に強い考え方らしいけど
良い悪いはともかく「やさしい」考え方だよね

キライじゃないなぁ そういうのって。
by garland1992 | 2011-06-26 10:25 | Comments(0)

筋肉痛まったく無しっ!←(明後日にきます)

ボケを意識するのはちょっとばかり早いとは思うけど 
聴いた話で「ボケ防止には脳トレなんかよりも身体を動かす事のほうが有効」
という説もあるらしい。

ほうほう、なるほど・・・

ってことで あっさり仕事が終わった昨日は 定時に閉店して
久しぶりに体を動かしに出かけました。 (父さんの8時参照)

ここのところ自宅内で「酔っぱ腹筋」ばかりだったインドア協会千葉支部事務局長としては
久しぶりのアウトドア。

下の記事の画像もそうなんだけど ところどころ紫陽花が咲いていて 
通り過ぎる季節の花々を横目で「チラ花見」しながら進みます。

相変わらず音楽も何にも聴かず 黙々と 

だって妄想族だから。


腹筋を意識しながら走ったり歩いたりすると 腹筋にも効果がある・・・気がする。

自分のキャラ的に たくましい感じになりたくはないので 貧相な胸板とあばら骨を維持したまま
腹筋だけ「仮面ライダー」なることが目標です←(なりませんよ)

6個に割れた腹筋の溝にビー玉転がして孫と遊ぶのが夢です←(怖くて孫が泣きますよ)

走るのは苦手なほうじゃなかったんだけど、去年始めた時に あまりにも走れないことに愕然とした僕は とりあえず歩きを強化することに専念。
これでもね、歩くのは早いほうなんですよ、もともと ←(逃げ足も速い)

普段、水の入った桶を運んでいるから・・・なんて思っていると ほんとに自分の運動不足を思い知らされることになりますな

途中通ったサンクスの「サンジャンチキン」が僕をいざなうのですが振り切って進みます

次にはお持ち帰りの焼き鳥屋さんも 僕をいざなうのですが またしても振り切って進む。


焼き鳥屋さんの匂いもさることながら 季節の変わり目の匂いを確認しながら体を動かすってのは 
思いのほか左脳にも良い影響がある気がするのです

そして季節を扱う この仕事にとっても。



80分間の高速妄想ウォーク・・・ヘロヘロになって帰って参りました・・・・

なかなか毎日ってわけにはいかないんだけど 「父さんの8時」は まだまだ進むのです。

次は 焼き鳥買って帰ろう 負荷がかかるほど いっぱい買ったりしてね、いひひ。
by garland1992 | 2011-06-21 13:56 | Comments(0)

紫陽花に見送られ

d0050713_20101412.jpg

久しぶりに「父さんの8時」スタートです。
by garland1992 | 2011-06-20 20:10 | Comments(0)

夢オチかっ!

毎晩泥のように眠っているので、明け方見た夢を覚えている事って 殆どないんだけど
久しぶりにジットリと うなされて目が覚めました。






夢の中で 僕は「TOTO」のコピーバンドでベースを弾いていました、しかもライヴ当日の本番直前の舞台上から 夢は始まる。
会場の開場も終わっていてお客さんも入っている、客電も落ちている・・・

もう演奏が始まるってタイミングで ふと 僕はTOTOの曲を一曲も弾けない事に気が付く。

まぁ ふつう在り得ないことだけに 僕はちょっとだけ「これは夢だな」とか思っている

(きっと曲が始まれば なんとなく弾けるだろう、これ夢だから) なんて思っている


そして曲が始まる(良く覚えてないけどたぶんRosanna)


まったく弾けない(汗)


僕は出力側のツマミをひねって音が出ないようにして PA側のトラブルに見せかけるというプレイヤーとしてサイテーな「その場しのぎ」に出る。

もうクラクラするくらい冷や汗だらけだ

まもなく異変に気付くPAさんがアタフタしてやってくる
僕はシールドの接触が悪いふりをしたりして またごまかしている

もう、どうにも誤魔化しきれなくなって しかたなく音をだす僕・・・

周りはホッとした様子・・・それがまた僕の冷や汗に追い打ちをかける

しょうがなくって演奏するんだけど まったく分らないし、弾けないなんて言える状況じゃないから もうテンパっちゃうこと山の如し←(不明)
ペンタトニックどころか KEY音を ボーンボボーン とか弾いてる始末・・・・

どうしよう

どうしよう

どうしよう

どうしよう

どうしようったらっ!!

ってところで 仕入れに起きる時間となって目が覚める。









ぜいぜいぜい・・・・(あぁ仕入れってステキ)・・・って思ったのは言うまでもない。


これは何のお告げだろ?

ちゃんと下準備もせず行き当たりばったりで生きている自分への戒めだろうか・・・・

いやぁ夢で良かったけど、弾けないと気付いた時の僕の対処の仕方が あまりにヒキョウなので
少々僕は落ち込んだ・・・・
現実の僕がやらないという保証はないからだ。

日ごろ自分の危機管理能力に疑問を感じていることが この夢に繋がったのかな・・・・

誰か夢判断出来るひと居ないかな?

いや、やっぱり「おまえサイテー」って言われるからやめとこうかな(笑)
by garland1992 | 2011-06-18 20:55 | Comments(0)

420円の誇り

神棚に飾る「お榊」です、ちなみに我蘭堂の榊は国産榊です
d0050713_1720219.jpg
6月も半月経とうとしていますね。
榊とか仏花って 基本的には「1日」と「15日」に取り替える方が多いですが、まぁこういうモノはそのお宅それぞれの決め事があるでしょうし、それで良いと思ってます。

いまでこそフローリストなんていってカッコつけてますが 
その昔花屋はその榊と仏花が売れる「1日、15日」に絡んだ日しか仕事しないで
残りの日は博打をやっていた、そういう『テキヤ的』な商売だった・・・
なんて聞いたことがあります
まぁどのくらいホントなのか良く分らないけど とっぽい商売だったんだよね、花屋って。


ちょっと話がそれたけど 今、スーパー等で売っている榊は100%って言っていい位、中国産です。
っていうか国産榊なら そう書いてあるはずです。

決して中国産榊批判ではないです、食べるわけじゃないし、半値くらいで売っているしね。

我蘭堂は千葉県内の榊職人さんから仕入れている榊なんだけど、毎年この時期は 常緑樹の葉っぱの生え変わり時だから 画像のようにやわらか~い葉だらけで ひじょーに日持ちが悪くてパラパラ落ち易いという状態です。

この時期だけは 中国産の榊をお薦めしたくなります。

実際、苦情が出るのもこの時期なので あらかじめご説明をしてから販売したりしています。

先日も、お花と榊を定期で納品している会社にお届けした際、
「さっき持ってきてもらった榊が枯れているから取り替えてください」って連絡が来ました。

ご説明申し上げたつもりだったんだけど 言葉足らずだったのかもしれないし 
僕も品物の選別が甘かったのかもしれない。

いずれにしても 冷静に対応すれば良いだけのことなんだけど、
「枯れたものを持ってきた」 って言われると、
その「枯れた」って単語が 僕にはどうにも我慢できなくて 
頭に血がのぼってしまう癖があって、すぐ取り替えに伺ったんだけど(正確には取り替えたのではない、さっき持ってきたのは捨ててくれって言って持って帰ってこなかった) 
取り替えるだけでは絶対に収まらなくて 結局この件も
「しばらくはこんな状態が続くから榊は届けない、スーパー等の中国榊で間に合わせてください」
っていう決着をつけてしまった。

別にケンカしてきたわけじゃないし ちゃんとそれなりに言葉を選んで説明してきただけなんだけど
帰ってきた後 つくづく俺ってヤツは経営者としてダメだよなぁ っとは思うわけですよ。



でもね「枯れたもの」を届けるわけないだろう? っていう気持ちが体中を支配しちゃうんだよね。
くやしくてガタガタ震えちゃうんです
そんな中、震えを我慢して 説明して出した結果が
「他で(中国産)買ってください」ってさ・・・・
それなりに自己嫌悪もあるわけですよ。

どうしたら良かったんだろ? 
やっぱり 売上を落とした張本人である僕は 言い訳できないくらい間違ってるかね・・
まぁ 少なくても正しくは無いよなぁ・・


前にもこの会社からは 届けた花のなかにあった「姫ガマ」の葉先が枯れている って言われて 
僕は飛んで行って「枯れている」って言っている人会わせてくれ、説明しなければ帰れない って言って受付の人を困らせた挙句、今回と同じような結果になった経緯がある。

今回もはじめに電話を取ったのはカッチー
配達から戻った僕に それを伝える彼女は「ちょっと落ち着いて聞いてよ」って諭してからだった。

ダイジョブダイジョブ って言いながら 件の会社にもう一度 鼻の穴膨らませて飛び出していった僕は その後 戻ってきた時 あきれた顔のカッチーに
「また やっちゃったみたい・・・」 って言ったのでした

いつだったか 〇〇ちゃんが「お前は俺より短気だ」って言ったのを思い出したりした

う~~ん。
by garland1992 | 2011-06-13 18:44 | Comments(2)

これもハロー・グッバイ

昨日は夕暮れを横目に京葉道路を飛ばしました
d0050713_11595480.jpg
先輩花屋さんのN里氏のお通夜へ。

享年64歳、ビールを愛した人でした
この間 久しぶりに会ったばっかりだったのになぁ・・・

予定よりは早く出掛けられたんだけど それでも僕は最後のお焼香者だった
N里さん、遅れてすみませんでした
そしてお疲れ様でした ゆっくり休んでください。




お清めの席で「ひさしぶり」って声を掛けてきた 恰幅のいい男性が居た

(ダレ?どこの区議会議員?) って思ったところで その面影から気が付いた。
彼は 中学の同級生のK君、部活も一緒だった。
あれから30年くらい経っているなかで お互い花屋の仕事に就いていることは知っていた
同じ業界内でも仕入れ先が違うから いままで会うことが無いままだった。

「うっち、変わらないねぇ」っていう彼の言葉は社交辞令だろうけど
お互い小柄でひょろひょろした体格だった彼の思い出から その「区議会議員」←(固定観念)っぷりは想像を超えていたので 「Kも変わらないな」とは言わないでおいた(笑)

こういうシチュエーションで再会することが 多くなってくる年齢なんだろうな。

なんだか気恥ずかしいから 名刺交換もせず 電話番号も訊かず 知らせず
「じゃあ またね」 と別れた

まぁそんな感じも悪くないな って思った。
by garland1992 | 2011-06-08 13:18 | Comments(0)

駐車場にウグイス

今朝はいつものゴルフ場クラブハウスへの活け込みの日
駐車場に着くと ウグイスが鳴いていた。
d0050713_10435089.jpg

このあいだ来たときは まだまだヘタッピだったのに
今日はキレイに、上手に鳴いてました

来週も居るかなぁ・・・・・
by garland1992 | 2011-06-07 11:24 | Comments(0)

画像はありません

自宅の脱衣場横の納戸が いつもすぐ散らかってしまう
家族各自のパジャマ等も もう一つすっきり片付かないことに業を煮やしたカッチーが
ついに言った・・・・


「とりあえずさ・・・ここに あれ、作ってよ・・・」

「えっ? なにを?」

「ほら、あの びんぼーなんとか・・」

なんですと?

いま なんですと?

くっくっくっくっくっ

あっははははははっはっ

おっほっほっほっほっほ!←(顔を上げ 手の甲を口に当て高らかに笑う)

やっと君も あの 時代の先端を行くスーパーエコ収納アイテム
「びんぼーボックス」の価値に気付いたのだな? (5月14日の記事参照)

「しかたないなぁ・・・
今、生産が間に合わないんだけど なるべく急いで作ってあげよう」←(丁度いい段ボールが無いだけ)

なんて調子に乗っていたら どうやら従来のびんぼーボックスでは不満らしい・・・

なんでだっ!最強になったのにっ! っていってたら どうやら低い縦横二段ずつのモノが欲しいらしい。

しかも寸法までうるさく言ってくる。

完全にオートクチュールびんぼーぼっくすだっ!
セレブなびんぼーボックスだっ!
なんだそりゃぁあっ そこにはパラドックスが生まれているぞ!


とはいえ、クライアントの意向は絶対だ、職人の血も騒ぐ←(騒がんでいい)

スケール片手にカッターと段ボールにむかい格闘する 内山@日本でただ一人のびんぼーボックス職人。

縦横2段ずつってことは の字みたいに作るってことだな・・・

仕事そっちのけで段ボールの切れ端だらけになっているバックヤードで黙々と作業は続く・・・
(もちろんBGMは「地上の星」でお願いします)


完成後、指定の場所に設置された まだ空っぽの「びんぼーボックス」を満足げに眺める
内山@びんぼーボックスの父

彼はそこで静かに その新商品を命名し口にする・・・・・・・・・・・・・・













「びんぼーボックス田(でん)」 と。 ←(ばか)
by garland1992 | 2011-06-03 18:49 | Comments(4)

画像参照

d0050713_16544745.jpg

こういうペリペリって剥がすヤツ、9割くらいの確率で失敗するんだけど・・・・

オレだけではあるまい←(自信なし)
by garland1992 | 2011-06-01 16:54 | Comments(0)

「雨雲を抜ければ太陽がいっぱい」

あれよあれよと もう6月です、衣替えするには ちょっと涼しすぎる陽気です
・・・なんて言うと とたんに暑くなったりするんだよね・・・これパターンです(笑)

さて月初め恒例のタエビスのフラワーデコ、今月で6周年となりました
デザインの焼き直しもあったけど 約72種類のアレンジを 無い頭でひねり出してきました
「もう要らない」って言われるまで これからも頑張っていきます、はい。
d0050713_13363570.jpg
いつもスモークツリーを使ったアレンジをお届けしている6月、今年は朱いスモークを選びました。
雨の多い6月、今年も雨雲と その上にいつもある太陽をモチーフにアレンジを製作致しました


仕入れ帰りに納品した船橋店からは コタ・シャンを持ったツートンがモデル
d0050713_1492669.jpg
ささやかですが 今月は船橋店にてシャンプーの売り上げに協力させていただきました
かつて僕の円形脱毛症の治癒に一役買ってくれたシャンプーです(笑)

そして北習志野店からは タカキンと野中先生、忙しい中ありがとうございます
d0050713_14163053.jpg
今月も当たり前のように朝礼に参加した内山@我蘭堂。
おじゃましました・・・

八千代台店は お客様の対応中だったので 今回写真は遠慮しました、また今度ね。


さーて 天気も気分も どこかスカッと しきれない日々ですが まずは出来る事から始めないとね
みんな 今月もありがとう!
by garland1992 | 2011-06-01 14:29 | Comments(0)