「ほっ」と。キャンペーン

我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年も一年お世話になりました

今年も一年、花屋のブログにあるまじき内容ばかりのこのブログ(笑)をご覧頂いてありがとうございました

移転を含め なにかと慌しい一年だと感じましたが きっと来年もそんなふうに過ぎていくんだろうなぁ・・・
皆さんは どんな一年でしたか?

我蘭堂も あと一日 最後の追い込みにはいります、ゆっくり振り返る時間はなさそうだけど おかげ様で今年も 非常に思い出深い年となりました。

重ねて御礼申し上げます。




そうそう、マコ&サイトモwithリリ姫が お店に顔を出してくれました

ちょっとバタバタしてて なかなか話せなかったんだけど やっと手が空いたって時・・・・

「お誕生日おめでとうございますっ!」 って・・・・・・






d0050713_9425211.jpg

店内で 花束もらっちゃいました(爆笑)

でもって
「じゃっ!」 ってな感じで ちゃっちゃと帰っていきました(笑)

もうね、いつもね、うちで花を買ってくれてるサイトモが 僕に花を贈るために(イタズラの為ともいう) どこかの花屋さんで花束買っているところを想像するだけで あひゃひゃひゃひゃっ! ってなっちゃうよ。

まったく 相変わらず ビックリ箱なサイトモです。 (イタズラ第一弾の巻参照)

三人とも、ありがとね  ナンにもお構いできずにゴメンね

お花ありがとう、何度もなんども 花束ながめちゃったよ・・・・・・・・・・まぁ 誕生日、今日じゃないけど(笑)
また、ねらったな。


しかしね、花屋をやっている人は たまには こうして花束をもらってみるべきだね
自分がどういう仕事をしているのか 味わういい機会だと想うね


さて この記事が 多分今年最後のUPになりそうだな

最後のお仕事 がんばります
みなさん、一年間ありがとうございました

来年も宜しくお願いいたします

このブログをご覧の皆さまと その周りの方々にとって 来年も良い一年となりますように。




                                   flower studio 我蘭堂(ガーランド)
                                   代表 内山@我蘭堂
by garland1992 | 2010-12-31 09:55 | Comments(2)

じゃぱにーず にゅーいやー ついんつりー

d0050713_9403729.jpg

今年もいつもの会社に納品完了。

年末商戦も大詰めです。
by garland1992 | 2010-12-29 09:40 | Comments(0)

クリスマスプレゼントは 短編ドラマです。

先日、どうにも右肩甲骨のあたりが痛くて辛くなった
まぁ初めての経験じゃないし 酔っぱらって転んで傷めたままのあばら骨も なんだかたまに痛むけど 別に仕事は出来るし ほっとけば大体すぐ治ったりしていた。

貧相な体格ではあるけど けっこう持久力があると自負していた僕は かかり付けのお医者さんも 整体師さんもいないんだけど、近頃 完徹がヒジョーに堪えてきたりしている自分にも気付いていた

そこに今回の 肩甲骨の激痛。

「四十肩」の文字が頭をよぎる・・・・・
おりしも年末商戦間近でもある。

見かねたカッチーが 「今日は定時にお店を閉めて 〇〇〇〇湯に行こう、そこでマッサージを受けなさい」 
と促してきた。

マッサージ・・・・・・・実は経験が無い。

僕は本来、「くすぐったがり」なのだ 
この背中を たとえプロの方だったとしてもモゾモゾと擦られたら どんなだ?
そして僕は それ以上に「痛がり」だ
この 傷んだ肩甲骨あたりを 屈強な整体師に突かれたら始めの23秒あたりで気を失うに違いない・・・

「いやぁ いいよぉ・・・ フロ入ったら治るんじゃね?」 とか言っていたんだけど カッチーは容赦なく「マッサージチケットを手に予約を入れに行った。

時間が来て 僕は部屋に入った、 そこには 案の定 僕の首をへし折る気満々の屈強な男性整体師と、華奢な熟年女性整体師が居た。
(僕の担当はどっちだ? ヤツか? オレを殺りにくるのか? そうなのか?) などと怯えていると 女性整体師の方が 僕の方にやって来た
「ウツプセテ ネテクタサーイ」 どうやら コリアン系の先生らしい。
少し ホッとした僕は苦しい場所を説明し治療台に横たわる・・・もうまな板の鯉 ってやつだ

「ツラカッタラ(強すぎて痛かったらという意味) イッテクタサーイ」 とおっしゃって 僕の背中に触れたその瞬間
僕は 「痛いですっ!」 と 言いそうになった。 
しかし 僕は持久力の男だ、意外と我慢強いのだ! どのくらい我慢強いかというと 
食べ過ぎてお腹が痛くなっても 
「あぁ 神様、寿命を30分差し上げますから このお腹が痛いのを止めてください」 とか 
たまにしか言い出さないくらい 我慢強い ←(かなり我慢弱っ)

その後も 治療は続く

そして 彼女が随時尋ねてくる 「ツラカッタラ イッテクタサーイ」 の問いに これまた随時
「痛いですっ!」 と答えたくなるのを我慢する 内山@我慢の漢

痛い

かなり 痛い

かなり 力強い指圧だっ  気が遠くなる瞬間がある ←(オーバーだろ)

僕の脳裏を ふと一つの疑念がよぎる

(うつ伏せて寝ているから見えないけど 僕を指圧しているのは あの屈強な男の方ではないのか?
あの屈強な指から生み出されるこの重力が この僕の肩甲骨をコッパミジンにしようとしているのでは?
あの華奢な整体師は 横に立って「ツラカッタラ イッテクタサーイ」 としゃべっているだけなのではっ?)

僕の疑念を膨らませるように 膨大な重力が僕の背中を圧縮し続けていく

(もうだめだ 「痛い」って言おう、 なにせ僕は充分我慢した
 このままでは神様と 寿命を一年くらい取り引きしてしまいそうだ)

(もう、言おうっ)

「イッ」

「オツカレサマテシター」

治療が終わった。

屈強な男と その親指を確認しようと 顔を上げ 振り返ると そこには
華奢な 女性整体師が立っていた。

いつの間に 入れ替わったのだ?

と思ったのは言うまでも無い。
 

翌日 肩甲骨の痛みが ほぼ完治した僕にカッチーは
「でしょ!よかったね、早めに行っておいて」 といった。


「痛がりのM 連合組合 千葉支部長」を務める僕としては 次 左肩甲骨の激痛が走った時 再度
リベンジしてみようかと そのチャンスを虎視眈々と狙っている・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・わけではない。




年末商戦に向けて 肩まわして はりきっていこうっと。
by garland1992 | 2010-12-25 12:34 | Comments(0)

ウィークエンド・クリスマス

d0050713_9491566.jpg
皆さん、メリークリスマス。

更新が滞りがちですみません・・・・

良いクリスマスをお過ごし下さい。
by garland1992 | 2010-12-24 09:51 | Comments(0)

ちょっと更新サボってました・・・

d0050713_19491322.jpg
なんの写真だか よく分からんですな、こりゃぁ・・・・
画ヅラ的にキレイとは言えない画像ですが 花屋の暮れの風物詩、千両のアク抜きです。

今年も そんな季節になりました、みなさんお元気ですか?

最近は 叩かないで水揚げする手法もあるようですが 
当店はふっるいやり方の 叩き揚げです(叩き揚げっていうのか?職人っぽいぞ)

何年か前に うちのレッスン生であるSさんから頂いた 画像の石を愛用しております
平べったくて便利です。
でも金ヅチは 好ましくないね・・・・・来年は木ヅチ買ってこよう



クリスマスは これからなんだけど 花屋稼業としては そんな暮れの準備も有って 
うかれてばかりも居られない、そんな週です
仕入れをはじめ いろいろ頭を悩ませることばかりで 市場内を右往左往する花屋の眉間にも皺が寄ってます

景気の悪い話が市場内を蔓延してます

でもね きっと良くないね そういうのって
もちろん自分を含めて気をつけなきゃね。
しかめっ面で作ってる クリスマス・アレンジなんて きっと幸せを届けられないね

ムードが大事だな、ムードがっ!

うちも あの ナ〇ちゃんの店を見習って コスプレして商売しようかな(笑)

でも オレ一人で マツコデラックスとかやってもなぁ・・・・
お客さんドン引きだよなぁ(笑)


とりあえず もうちょっと浮かれた音楽かけることからはじめようっと。
by garland1992 | 2010-12-20 19:57 | Comments(0)

卓上ツリーは いかが?


ご注文分のリース製作、発送が終わって もうクリスマスも秒読み・・・

残してあった店頭販売用のモミ枝で 今年もテーブルツリー、キッチンツリーを作りました
d0050713_1755249.jpg

リースと同じ材料で作ってあるので 長い期間飾れます。

食卓を

台所を

そっと ささやかに クリスマス色にして差し上げます。
by garland1992 | 2010-12-14 18:25 | Comments(0)

聖なる夜へカウントダウン

あんなに でっけぇの作ったつもりだったのにさ・・・

屋上からぶら下げたらさ・・・・・
d0050713_1963169.jpg
けっこう フツー。

本物のモミだかどうだかも判んないし(笑)

まぁいいや

キレイに出来たし

気が済んだし ←(ここ重要)



あと二週間かぁ・・・

どうぞ みんなにいいクリスマスが来ますように・・・・・


・・・・・・・あっ 僕にも来ますように(笑)
by garland1992 | 2010-12-11 19:12 | Comments(2)

雪辱のリース

こうなりゃあ(どうなりゃあ?)
でっけぇリース、
作ってやらぃっ!!
ゼェゼェ・・・

くらぇっ!!
d0050713_1039292.jpg
ってことで 我蘭堂、大変遅ればせながら クリスマス装飾に入りました

オレゴン産モミの品薄な今年、それを使って自店用にこんなサイズのリース作ったバカな花屋は 
船橋では我蘭堂だけだろう・・・・
いやもっと半径広いかもしれない(笑)

なんてったって「そんな人」がやってる花屋だからねっ ←(根にもつタイプ)

あぁ 気が済んだっ! ←(おやすいね)



屋上からぶら下げようかなぁ・・・・

サンタからよく見えるようにね。
by garland1992 | 2010-12-07 10:49 | Comments(2)

奥歯の想い

くやしかった

ギリッって音をたてそうなくらい 僕は奥歯を強く噛んでいた

いっそ音をたてて それが向かい合った相手の耳に届けばいい って思った。




僕は今後の我蘭堂のため 新規で取り引きをする為の申請を出しに とある施設の中にある「東京都の事務所」の中に立っていた
仲介してくれた 某会社の担当の方がわざわざ その事務所まで僕を案内してくれたのだった

本籍地の「身分証明書」をはじめ、一週間以上かかってやっと揃えた分厚い申請書類一式を抱えてやってきた僕に 都の職員さんの開口一番に出た言葉は

「ここに書いてある『担当者に連絡を入れてから来てください』 っていうの読みませんでしたぁ?」 だった。

アポなしで来た訳じゃなかった僕は 仲介してくれた会社に連絡をいれてあった旨をその職員さんに告げると

「それはウチとはゼンゼン関係ないことですからね!」 と叱られた、そう叱られるテンションだった。
「私が今 居なかったら 帰ってもらう事になっていたところですからね!」 とまくし立てられた。
僕は決して 都の事務所に申し送りをしてくれなかった仲介の会社に不満を感じたのではない

僕は思ったのだ
いま、貴方はこうしてここに居るじゃないか たしかに今、貴方は忙しかったのかもしれない、それでもアポなしで来て断わられるのは僕のほうじゃないか
どうして そんな言葉を選ぶのだろう。

仕方ないから面接をする っていうムードのまま その担当者は奥のソファーを指差し 持ってきた書類を順番どおり並べておくよう促された。

僕は一人ソファーに座り、言われたとおり 書類を並べた頃 担当者は自分の席から大声で
「お宅は 法人? 個人?」 と訊ねてきた。
僕が 個人だと伝えると 

「個人の申請者は こっちの順番でならべてっ、その順番は法人用だから」 といわれ 僕は書類を一から並べ代えさせられた。

僕は 反則金を納めに来たわけでも 始末書を出しに来たわけでもない ここでこれから仕入れをするという手続きをしに来ただけだ
文章では伝わりにくいけど 非常に屈辱的な扱いに感じた

20代までの僕だったら どうしていただろう  いちいち声を荒げて揉め事を作るタイプではなかったけど
きっと書類をまとめて 「出直すから」って席を立ったことだろう

でももうそんな青臭いことをしても誰も褒めてくれない、そしてなによりも ここで仕入れをする事が 今後の我蘭堂にとって必要だと決心したのだから 今日の目的はこの書類を受理してもらうことなのだ
見失っちゃいけないことなのだ。

そう思うと 我慢できた。

その担当者が 僕のところにやってきて 僕は名刺を出して改めて挨拶をした 

その後、彼は書類をフンフンと眺め始めた
「身分証明書(本籍地の役所でのみ発行)は無いんですか?」
僕は絶対に不備がない自信があったので 
「並んでないですか?  これじゃないですか?」 と切り返した

この人は 何の為に 書類を順番どおり並べるよう命じたのだろう

僕はここでも 我慢するしかなかった  でもそれが必要なら それは僕のキャパ内だった


そして僕は決定的な事を告げられる 

「今までの仕入れ実績、年間〇〇〇〇万円以上が必要なのは聞いてます?」
その数字は 我蘭堂の一年半分の仕入れ量で生まれるような数字だった。

「いいえ、聞いてません」 と僕。

「うちの施設内で年間〇〇〇〇万円以上仕入れをしているってのが条件で、これはうちも譲れないんだよね・・
あと少しでその数字に届くんだけど・・・っていう申請者、何人も帰ってもらっているんだよねぇ」

ちょっと我慢の限界だったんだけど ここは食い下がろうと思い
「じゃあ 新規の花屋で買参権を取ろうって人は どうするんですか?そんな人は居ないんですか?」
と 言うと

「はい、そんな人は居ません」



あぁ そうか この人は 僕の事を 「そんな人」だと思っていたのだ
「そんな人」は たいがい アポもなしでやって来て 自分の仕事のペースを乱し 数字も足りないのに大手と取り引きしたがるような花屋だと 思っているのだ。


その後 なぜかすこし 態度を軟化させた その担当者は 僕に
「仲介してくれた業者さんに相談して 数字を枠内に届くように相談したらどうですか」 といった。
そして数ヶ月後に また申請すれば良い 書類の日付はそのままでいいから・・・ とも。
その時は 私の所に来るように、といって 僕が持ってきた書類の束の一番上の書類に エンピツで自分の名前を書いた。
とうとう 向こうから名刺が出てくることは無かった。

僕は この瞬間、今後を決めかねていたので 蹴破って出て行きたい気持ちを抑えて その走り書きを眺めていた。

いまの時点で 我蘭堂に 年間〇〇〇〇万円の仕入れは不可能だろう
僕は ただひとこと
「残念です」  と言った
奥歯が離れてくれず クチビルだけでしゃべった言葉だった。


結局受理してもらえなかった書類を抱え 振り返りもせず事務所をでて駐車場にむかう 
敗北感でいっぱいだった

外来者用の駐車場の場所が良く分からなかった僕が ここならいいだろうと思って停めた自分の車の場所に着くと 僕の車のフロントガラスにメモが挟んであった
「車の移動をお願いします 株式会社〇〇〇ー〇」 

なんだか コテンパンに負けた気がした。

20代の僕が 今日の僕を見たら どう思っただろう?
担当者に取り入ってもらおうと必死になっている様は 腰抜けになった ただの四十路男だと 軽蔑したかもしれない

くやしくて 胃の中がポッと熱い
だけど こんな事久しく無かった気がする

花屋を始めたばっかりのときは こんなふうに奥歯を噛んだり 胃の中が熱くなったりして ひどい時はそのまま悔しさで吐いたりしたこともあった。

四十五歳目前になったおっさんの僕は さすがに吐いてしまうほどの繊細さは なくなっちゃったけど
こんなふうに感じることは貴重なことかもしれない

きっと人に対する接し方のケーススタディが増えたに違いない


ちょっとくやしいけど 「沢山仕入れて沢山売る」ってことに照準を合わせていない我蘭堂は あの担当者を見返す数字をあげることに執着するわけにはいかない

ただひたすらに 満足の仕事が出来るように 
「悩んで 選んで 進んで ぶつかって また 悩んで 選んで 進んで ぶつかって」 を
繰り返していくだけ

そう 

決めたのだから。
by garland1992 | 2010-12-03 17:07 | Comments(8)

「ベルベットの森」

12月になって 残り一枚のペラペラのカレンダーをめくったわけだけども 
まだまだ今年を振り返っている場合じゃないのでガンガンいきましょう ←(意味不明の気合)

11月半ばから作業テーブルの上だけはクリスマスモードなんだけど 先日の記事にも書いたんだけど オレゴン産モミの入荷状況が今年は特にイレギュラーだったから 我蘭堂の店頭用のリースやら装飾やらはまったくしてなくてね・・・

「いつクリスマスになるんだよ」 って声が聞こえてきそうです・・・

あっ、そうか、今年は蕎麦屋フロントだから クリスマスは要らないのか(笑)


まぁとにかく 今年は お客様のご予約分と こちらの仕事が終わってからじゃないとね。
d0050713_1081531.jpg
【使用花材】
オレゴン産モミ、ヒムロ杉、クジャクヒバ、サンゴミズキ、ハンの木、ケイトウ、ガーベラ
ローテローゼ(バラ)、ガーベラ、他

紅い 朱い 赤い アレンジです
やっぱ クリスマスは あか だよね。

さて、みんなは元気かな? まずは船橋店から若手3人衆。
d0050713_10141894.jpg
ツートン、ツッチー、タケブ 開店準備に忙しい中ありがとね。

そして北習志野から タカキンとみかちゃん。
d0050713_10153182.jpg
長女@我蘭堂の小、中学校での後輩にあたる「みかちゃん」。 
がんばって良いスタイリストになってね。

そして八千代台店からは 僕もまざって 今年この仕事を締めくくる一枚を(笑)
d0050713_10194841.jpg
そねっち、カメラマンありがとね。

さーて 今月は後半の繁忙期にむけて どんどん準備をすすめていかなきゃ・・・
今日も新しい取り引き先へ行ってまいります まずは具体的に動かないとね。

それでも ちゃんとクリスマスを楽しめる気持ちの余裕を持ち続けたいもんです
今年は どんな12月になるのかな。
by garland1992 | 2010-12-02 10:35 | Comments(0)