「ほっ」と。キャンペーン

我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

駐車場のお知らせ

ご迷惑をおかけいたしておりましたが 我蘭堂となりに駐車場が用意できました
d0050713_11204542.jpg


d0050713_1012474.jpg
商店会通りは まだまだ あちらこちら整備中でございます
お車でお越しのお客様は どうぞお気をつけくださいね

ご来店時、当駐車場(№1)使用中の際は 
ご案内いたしますので安全な場所に停めてからお申し付けください。
by garland1992 | 2010-10-31 10:12 | Comments(0)

秋は再会の季節(寄り道編)

お墓参りの帰り道 みんなが新生我蘭堂に寄ってくれたんだ
いずれ我蘭堂の看板に使うつもりでもある「書」を贈ってくれた 佐吉殿も今年は来てるし。
d0050713_15331946.jpg
今年は誰も お尻だしてないね(笑)

この写真もまた 忘れられない一枚となりました。


みんなが来てくれてうれしかったな・・・
がらんどうの こころのなかは なにかで いっぱい です。




今年もみんな ありがとう、ありがとう
忙しい中 ほんとお疲れ様でした

いっち、心配かけたね うれしかったよ、ありがとう

各お店に残って 今回千葉入りできなかったみんなも ありがとう

Cちゃん、YOKO代表、いつもありがとうございます
これからも このご縁を紡いで つむいで いきましょう


大好きなみんなと別れるのは 寂しかったけど 
また元気にこうして再会できるよう、 彼の魂に対して恥じぬよう 過していこう。
by garland1992 | 2010-10-27 15:46 | Comments(0)

秋は再会の季節(2010年完結編)~後編~

今日 午後のお墓参りの為に 青森、名古屋、沖縄から集結する
前日入りしている いっち、K土井アニキはじめ、Cちゃん、杉本ご家族と ひとしきり盛り上がった前夜から明けて 僕は市場へ。

車のドリンクホルダーでは 昨夜 内山さんの店に送ってもらう途中で 「飲んで行きなさい」と カッチーに手渡された「ウコンの力SUPER」の空き缶が むなしく揺れている(笑)

市場の帰り道 兄の工場に寄り道をして 車を交換、荷物も積み替え 一度我蘭堂へ。

逐一 Cちゃんから みんなの集まり具合の連絡が入ってくる 
僕は我蘭堂で 荷物を下ろして 一件だけ納品業務をさせていただいてから みんなをピックアップする為 宿泊しているホテルへ向かいます。

連絡をとりながら 約束の場所へ向かうと ついさっき千葉入りした 佐吉殿と kojiro&スタッフさんが。

再会その2・・・
そして 再会を喜び またもやハグ。
ただでさえ 様子の濃い僕たちが 街頭でハグしているんだけど その傍若無人な場所といったら
津田沼駅南口ロータリー 交番目の前にて車を路駐し 
おまわりさんに見物されながら
の熱い抱擁でした(笑)

時刻はお昼、お墓参りに向かう途中で昼食へと向かいます
場所は かつて僕が初めてこのメンバーと出会った場所 北習志野 「サンティ」
d0050713_13225478.jpg
ここで ザ・ヒロスー とイリメが合流しました。

実はね、ご迷惑だとは思ったんだけど 僕は今日、まっぴーを連れてきました
間に合うぎりぎりの時間で早退をさせてまで。
会いたいと思っている相手に会うってことは 代えがたいものだからね
僕と彼女本人が出した答えですから。

みんな温かく迎えてくれてありがとう


そして一同 お墓参りに向かいます
朝は少々雨が降っていたんだけど この頃はそんな様子はなくて 相変わらず天気の段取りまでつけてくれてるなぁ なんて想ったりしてね。

お墓について 墓前に立つ一同。
僕は 御用達出張フローリストとして仕事をさせていただきます
d0050713_14174764.jpg
思い出の花を持ってきたよ

先日の お花も手直しするよ

今年も こうして 集まったよ

d0050713_14222286.jpg
毎年株が大きくなりつつある お墓横に植え込んだリコリスも 花を終わらせて葉が伸び始めていた

彼岸花は お彼岸の頃に 気がつけばいつの間にか咲いている っていうような花
多分そう感じる理由は 葉が一つも無しで 先に花が咲くからなんだけど そんな様が 生き急いだma- の姿とダブったりしてたんだ。

でもね 後から葉が伸びてきて その葉が来年の為の養分を蓄える役目をするんだ

だから 今咲いている花は 一年まえの賜物なわけで
 
そして 花は散っても その株が朽ちるわけじゃないわけで

また次へと続いていくわけで

僕らもまた そうでありたいわけで。



僕たちが墓前に居るあいだ中、リコリスの横でずっと アマガエルが逃げずに じっとしていた
d0050713_14435715.jpg
誰かが 「今日はカエルなの?」って言った


ここで手を合わせる ほとんどの人は 供養の為なんだろうけど 僕らは ちょっと違うかもね

貴方に感謝する為に来てるのかもね。

そして その結果それが 供養となってくれれば・・・・って想うね。





季節も 空気の匂いも すでに晩秋
僕の一番好きな季節も そろそろおしまい

花も含めて 作物が不作な年だったけど 僕にとっては 今年も実り多い秋でした


そっちは どうですか?

僕らは まだまだこれからも こっちで頑張っていきますよ。
by garland1992 | 2010-10-27 13:52 | Comments(0)

秋は再会の季節(2010年完結編)~前編~

再会を喜ぶってことは その前になにかしらの別れが存在するってことだよね
「別れ」っていうとちょっと意味が違う場合もあるから 「距離」っていうかね、そういう感じかな。

なんかね、それって メリハリってのと遠く繋がってる気がする
考えすぎかな。




10月になって ma- の命日がきて そして 今年も皆がやってくる
楽しみにたのしみにしていた再会の日です

ひと足先に いっちと K土井アニキがやってくる、今年も鉄の肝臓携えて(笑)
本当は空港まで迎えに行きたかったんだけど この日は20年近く続いている ある恒例のイベントの日
我蘭堂も協賛させてもらっていることもあって 夕方までお店を空けられない状態。

もう つんのめりそうなくらい前のめりで仕事してました(笑)

臨時休業となる翌日の仕事の前倒しなんかも済ませて向かうのは 去年同様内山さんの店。
今年も ほんの少しだけど 内山さんのお母様に お花のプレゼントをもって馳せ参じました。

そして 再会その1
相変わらずのはた迷惑なほどのハグを交わす男同士(笑)
こうして元気に会えるってのは 幸せだなぁ。

大将の内山さんが 体調を崩したのを聞いていたから心配だったんだけど 
少し痩せたとはいえ元気そうに見えました。
うっちゃん、無理しないでくださいね。

K土井アニキが熱燗呑むっていうから そりゃいいねってことで便乗したら
これが美味しくってね・・・・

でもね、いっしょに飲んでるのが K土井アニキと いっちでしょ?
アイアンな訳ですよ・・・・肝臓も 胃袋も。

ニ合徳利だったよなぁ・・・あれ
3人で一升くらい飲んだってことになるのか?
まぁ この熱燗が 翌日の僕といっちを じっとりと苦しめることになるのです(笑) 

誠に勝手ながら 臨時休業とさせていただく翌日ですが 月曜の仕入れを休む事は出来ないので
あれこれと手を尽くして仕入れの段取りがついている僕は 迷うことなく二次会へ。
向かうは 津田沼「百楽門」。

去年は初日に入れなかったんだよなぁ・・・・なんだか早仕舞いで。

って思っている僕らに悪夢再び。

えっ?なんで入れなかったかって?

覚えてないです・・・・・だって出来上がってるもん、すでに ↓
d0050713_20181387.jpg
百楽門入口にて
(恥ずかしいので小さくしてみました)


結局違う店に行って またそこで腰据えて飲んで 食って。
d0050713_20264167.jpg

まだ3時にはなっていなかったかなぁ  いや ほんとだらしないけどね 
4時起きだった僕は ここで猛烈な睡魔に襲われてね
時々気を失ってました
申し訳ないやら もったいないやら・・・・めんぼくないっす・・・・

アニキが僕の肩を叩いたのをきっかけに 内山@おねむちゃん 覚醒の巻
復活の「のろし」を上げたところで お開きに(笑)

駅に向かおうって事で歩き始める一同ですが そこは満腹中枢破壊されてますから
らーめん食おうってなるわけですよ、やはり。
d0050713_20325157.jpg
後で聞いたら アイアンストマックK土井アニキは ここでラーメンを食べてないそうで
「セーブしとこうかと・・・」って言ってました(笑)
アニキにしてやられました(笑)


もう 今夜は 翌日やってくる二日酔いのことも 仕入れのことも もろもろのことは全部 
しょう油つけて ラー油かけて食っちゃいました。



さぁ 明日は 佐吉殿も江戸入りする kojiroにも会える
そして みんなでお墓参りだ

ma- 、待っててね
みんなで行くよ



そう 秋は再会の季節だもの。





(続きます)
by garland1992 | 2010-10-26 21:11 | Comments(0)

お知らせ

25日(月)誠に勝手ながら 
臨時休業させていただきます。

ご予約に関しましては出来る限りの対応を
させていただきますのでご相談くださいませ
よろしくお願い申し上げます。


内山@我蘭堂

by garland1992 | 2010-10-23 10:49 | Comments(0)

10月21日にて

d0050713_926442.jpg
一年ぶりに このシャツに袖を通しましたよ

今日は貴方の命日だから。

来週には また全国各地からみんながやって来ますよ

誰も貴方を忘れないからです。
by garland1992 | 2010-10-21 09:30 | Comments(0)

船橋生花商組合ジャンボ市にて

d0050713_15173253.jpg
春と秋と年二回とはいえ 71回目ってすごいな
まぁ ずいぶん様変わりしたけどね。

船橋生花商組合は 公園正面入口に陣取り 毎回お花の廉価販売をしております。

今回、内山@我蘭堂の役割は そこでの販売ではなくて 反対側のグラウンド横で
一般の方を先着20名の募集をかけて行う「アレンジメント講習会」
d0050713_15241592.jpg
青空の下 バスケットアレンジを作ります。

午前中は造園組合のコンテナガーデン講習があったそうです。
うちの組合は 毎回日曜午後の担当です。

船橋本町の「フラワーショップゆり」さんの社長がアシスタントについてくれました
もちろん、僕のほうがうーーんとペーペーです、ゆりさん、恐縮です。

あちこちでフラワーアレンジを見る機会があるせいか 皆さん上手ですね

最近は あちゃー ってのを作る人は殆どいないですね
ひとり 壮年の男性がいて 訊いたらアレンジ初体験らしいんだけど バランスよくてすごく上手でした。



天気が良かったのはいいんだけど 暑くてね・・・・
10月半ばとは思えない陽気だったなぁ

みなさん おつかれさまでした。
アレンジ、長持ちさせてくださいね。
by garland1992 | 2010-10-18 16:00 | Comments(0)

週末いろいろ

一週間ぶりのUPになっちゃった・・・・みなさん、元気ですか?

今年は 10月に入ってからやっと、例年の9月の感じがしております
陽気の事だけじゃなくて 仕事面でもそんな感じ・・・

まぁ ひらたく言うと 「今年の9月はヒマだった」 って事なんだけどね(笑)

過しやすくなってきて 営業面でも 開店祝い等の仕事が入ってきて 
ちょっとバタバタしてました←(落ち着きがないだけ)

昨日納めた開店の花は 以前も納めた同じ場所で 改装されて新しいオーナーがお店を開店してました
飲食店業界の入れ替わりの多さ、厳しい状況ってのを感じましたね
d0050713_125723.jpg
黒い外装とはなぁ・・・
聞いていれば もうちょっと違うの作ったんだけどなぁ

でもお店は家庭的でスゴクステキでした、高根木戸駅前です。





でもって 今日は朝早くから 船橋大神宮で行われる 恒例の相撲大会へお花を納めてきました

長いこと船橋に住んでるけど 初体験でした
すっごいキチンとした土俵が出来ていてビックリしちゃったよ
ずっと昔からやってる恒例行事なんだって。

なんか写真撮ってくればよかったな・・・・





そして明日は 船橋生花商組合の恒例行事 「花と緑のジャンボ市」。
船橋駅北口 天沼公園で 園芸関係の組合と共に開催中です

二日目の明日は 先着20名ですが アレンジ教室も行われます

今年は 我蘭堂が講師を務めます
インチキ講師ですが 一生懸命がんばりまーす。

お近くの方は ジャンボ市へ遊びに来て下さいね

ステキな女性には 特に手取り足取り アレンジ講習いたします←(セクハラ花屋)
by garland1992 | 2010-10-16 12:24 | Comments(2)

秋は再会の季節(ブルースマン編)

連絡をとろう 電話しよう って思いながら何年が経ったんだろ
一番最近会ったのは 彼のおふくろさんが亡くなった時だから6年位前になるんだけど 
その前に落ち着いて話をしたのはいつなのか思い出せない。

かるく20年は経っているのは間違いない。

これっぽっちも わだかまりが無かったという事ではないけど お互い連絡をとろうと思いながら時間が過ぎていました。
ほんとにささいな思い込みが 疎遠になるにつけ膨らんできて もう会うことはないのかもしれないな と思ってた時期もあった。
仲の良かった 人と人が 二度と会わなくなるのに 大きなトラブルや事件なんて必要なくて
たったひとつのきっかけや 食い違い、思い込み、等で「絶交」にも見えるような距離ってものが出来るんだって思って生きて来ました。

だって実際に何十人って それを経験してきたから。

でもね もういい大人の歳になって 僅かだけど時には友人との死別とかを経験したりして
会いたくても物理的に会えない相手ってのを実感したりすると 今までの別れのほとんどは 諦めとか わがままとか 言い訳だったなぁ って思うようになりましたね。
 
だから 明日連絡をとろう、落ち着いたら電話しようじゃだめだなって
「明日やろうはバカやろう」 っていうけど 20年越しのバカやろうだったってことだな。




一歳年上の彼は 仙台出身、ソウルミュージックの洗礼を受けたマニアックなギタリストだった 

当時 作詞家志望だった僕が 武蔵野音楽〇院っていう なんのツブシも効かない専門学校を 
事実上中退したあたりで出会った。
僕が一番 なにか大きな勘違いをしていた時期で その頃の想い出は 恥ずかしい 苦しい 黒歴史ばかりだ。

メンバー募集で知り合った彼と僕は 急速に仲良くなって 僕は彼の家に入り浸ったりしていた。
僕は彼のおふくろさんとも仲良くて 彼が家に居ない時でもあがり込んでご飯を食べたりしていた事もあった。

その頃僕は まったくどうしようもなくて 今みたいにケータイなんかないから 家族もまったく連絡が取れなくて 友達が僕に用があって家に電話してきても ウチのおふくろが 

「あの子は今、失踪中です」

とか 本気で言っていた(笑)

その後僕たちは疎遠になっていくんだけど 数年後 僕は結婚をして その後長女が生まれた時、彼のおふくろさんが 僕の長女の誕生祝を買って待ってくれていたことがあった、遊びに行く約束だった。

僕は その約束をドタキャンした。

なんでそんなことしたのか よく思い出せない。



次に そのおふくろさんと会ったのは その本人のお通夜、祭壇の遺影だった。
暮れもあと2~3日と押し迫る日で 花屋を始めていた僕が仕事を切り上げて駆けつけた時は すっかりお通夜は終わっていた時間で、参列者の皆はお清めの席に集まっていた為 式場内は誰も居なくて 僕と葬儀屋さんの担当者一人だった。

世話になった様々な日々と それに対してのあまりに不義理な自分を思い
誰も居ない式場で 一人お焼香しながら 僕は 土下座したい気持ちだった

お清めの席で待っていた彼は 落ち着いていて 僕が来た事を喜んでくれて 周りの人に
「親友なんだよ、来てくれたんだ」って言った。

僕は「親友」の称号があまりにもふさわしくない気がして苦しかったけど わだかまりが解け始めるようで嬉しかったのを覚えている。 


それからまた6年が過ぎて 僕らも40を過ぎたおっさんになった
ささいなきっかけで離れていくことも有るなら ほんのささいなきっかけで また出会うのもアリだろう

秋は再会の季節

その言葉だけで連絡することができた。

またひとつ この季節が好きになった

今日は飲もうやね、おれ、明日仕入れないしさ。

北習志野に来てくれた彼を適当に連れまわした

二人とも いい加減酔っぱらってきて 
それでも 最後の店で僕が勝手に注文した刺身の前で 彼は言いました
d0050713_12212935.jpg

あのさ オレ、痛風なんだよ。




僕は 笑った

彼もまた 笑ってくれました。
by garland1992 | 2010-10-09 12:28 | Comments(0)

復活 ぼんやりのり弁

d0050713_2071363.jpg
今年はさ、すっごい暑かったせいもあってさ、夏場の のり弁はヤバイってカッチーが言うから ずっと ふりかけとかでお茶を濁していたんだけど もう10月だから大丈夫だよね・・・

でも 秋のほうが食中毒って多いよね・・・・・(怖)

ここのところ 木曜の朝が忙しくって 何週かサボってたんだけど
今朝は のり弁と共に 復活の日でした(笑)
by garland1992 | 2010-10-07 20:15 | Comments(2)