「ほっ」と。キャンペーン

我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

20年前 君は腕の中

どれくらい前だっただろう 次女@我蘭堂が ひらかなを読めるようになった頃の話だ
カッチーと彼女が 二人で買い物に行った時、自分の姉の名前と同じ名前のラベルの瓶を 
お店でみつけて指を挿したらしい。

『 「か〇た」って書いてあるよ 』

『 ほんとだぁ 』

ってことになって 僕に買って帰って来た。


それは 焼酎の瓶で なるほど 長女の名前と同じ名前が ひらかなで書いてあった。

なんだかもったいなくって その夜

「か〇たが 二十歳になったとき一緒に飲む事にしよう」 っていってその瓶は飾ったままになった。 
まだ 長女が小学生の時だ 本当に二十歳まで取って置くつもりがあったかどうかも ハッキリ覚えていない

案の定、2回の引越しで その焼酎の瓶は 見当たらなくなった。




長女が二十歳を迎える年である 今回の引越しの後片付けのとき カッチーが

「そういえば あの瓶見つかったよ」 って言った。
d0050713_1545536.jpg
探しても見つからなかったのに 今年の夏に出てくるなんてね。







長女は 昨日二十歳になった
家で食事がしたいと言った



見つかった焼酎の瓶の裏には 平成9.12.25 って書いてある 
製造年月日だったとしても10年以上経っている
きっと 賞味期限のことだろうから もっと前の物なんだろうね

お酒に詳しい人がこれを読んだら 呆れちゃうのかどうか分からないけど 僕は約束通り 飲むことにした
ちょっと具合が悪くなったって構わないって思っていた

栓をあけて香りを嗅いでみたところ 大丈夫みたい。


乾杯をした後 氷だけをいれたその焼酎に口をつけた
この焼酎の元々の味を知ってるわけじゃないから なんともいえないんだけど ちょっとビックリするほど飲みやすくて キレイな味だった

お酒を飲まない長女だけど 気を使ったのか 「飲んでみる」 といって手を出した。
顔をしかめて
  「除光液の匂いっ!」  っていったところをみると ほんとに普段も飲んでないみたいだな、ははっ。


こんなふうに出来るってのは 幸せで ありがたいことだね ほんとにそう感じます
それは もちろん僕だけじゃなくて 彼女本人にとっても。
だからって もちろん それが 苦しくない 悩みのない 事ではないけどね

今まさに 仕事、プライベート双方で 悩みの中の彼女は どんな誕生日だったかな
二十歳だからって 特別な思い入れを する必要なんかないけどね

ただね、たとえ悩みの中であったとしても 取り巻く毎日にプカプカ浮いてるだけじゃいけないよ
だって 悩みは波のように後からあとから 続いてくるんだもの

いま身体を揺らしている波をやり過ごしても また 後から新しいのが来るんだから。

それでも 運良く岸に着く人も居るし 離岸流に乗って沖に流される人も居るし 
岸と並行にずれていく人も居るから
コレばっかりはなんとも言えないけど

やっぱり 漕がなくちゃね  

漕いでこいで いなくちゃいけないとおもうよ

それは 44歳の父さんも同じだよ






「花屋さんの自慢の娘さん」 なんかにならなくていいよ

なんにも不満はないよ

いつでも味方だよ


お誕生日おめでとう。
by garland1992 | 2010-08-27 17:12 | Comments(4)

著作権の関係上非売品です

仕入れた てまり草が たくさんポキポキ折れちゃってね・・・・

仕方ないから 入口のところに飾ったんだけど
d0050713_9355555.jpg

これを見たカッチーが 

「スーモ君だっ!」 

って言い出して 100均で目玉買って来て付けてました。
d0050713_9382142.jpg

住友〇業さん・・・ごめんなさい(笑)
by garland1992 | 2010-08-25 09:43 | Comments(4)

街をパレードが行く

僕の大好きな「女性神輿」が来ました、ひゃっほおぅーーっ!←(こればっか)
d0050713_21143960.jpg

えー、まぁ いちおう オトコの神輿も きましたよ ←(なに?このテンションの違い!)
d0050713_21144868.jpg

夜店二日目。
d0050713_21145754.jpg

大きなトラブルもなく ケガ人も無いようで 本当によかった

名ばかりではありますが 松が丘バス通り商店会夏祭り実行委員長、ミッション完了です

みんな本当にほんとうにお疲れ様でした


翌朝の仕入れ、涙が出るほど辛かったっす(笑)
by garland1992 | 2010-08-23 21:20 | Comments(4)

お祭り初日夜。

d0050713_10144718.jpg
d0050713_10145730.jpg
今年も 次女@我蘭堂が大活躍。
甚平着て 「テキ屋の娘」そのものでした。

まっぴー、今夜のシノギも たよりにしてるぞ(笑)
by garland1992 | 2010-08-22 10:18 | Comments(0)

街は祭りの中 

d0050713_97174.jpg
今日からお祭りです。

毎年恒例なんだけど 我蘭堂はこの二日間、夕方からテキ屋のおっさんとなり
盆踊り会場で 子供相手にガラの悪いゲーム屋になります(笑)

調子に乗ってズルをする クソガキ  お子様には 容赦なく

「コラッぁあああっ」

って 恫喝  諭します。

いえいえ、これは ある意味ひとつの うさばらし 教育であると信じております(笑)

キレイなお母さんのお子さんには 優しく接します ←(サイテー)



ってことで 土日は商売になりませんが これも地域密着な街の花屋の使命でありますっ!


今日も 暑そうだなぁ。
d0050713_9174941.jpg

by garland1992 | 2010-08-21 09:20 | Comments(0)

鴨せいろ始めました ←(うそです)

移転して約二ヶ月・・・ 
あれこれと告知をしてきているつもりではあるけど それでもまだまだ戸惑い、ご迷惑を
お客さんにお掛けしたりしております。

今日もね、お世話になっている エルヴの森 のマスターが ご予約の花束を取りに来てくれたんだけど 
移転したのをお知らせしてなくて 何にもなくなって更地になった以前の店舗の前で

「キツネにつままれたようだ」 

っておっしゃってました(笑)←(笑うなっ!)

その後ご連絡があって 慌ててこちらからお店までお届けして来たんだけど マスターは
「そのあと 近くを何回も通って探したんだけどなぁ・・・」
って言ってました(笑)←(だから笑うな)

マスターごめんね!!

なにせ 今度は何屋だか分からないお店だからね・・・

それはもう 主に ご年配のお客さんからは さまざまな ご批判、ご不評を頂いております(笑)

「入口がわからない!」

「花屋だって分からない」  等など・・・・・


だってこれだもん・・・
d0050713_19111681.jpg

何屋? ←(狙いどおり)

「外にもっと灯りをつけたほうが良い」 などのご意見も頂いております
気にかけていただいて ありがたいなぁって思います。

だけど ごめんなさい  

このまんま 突っ走ります(笑)

あっ、そうそう

看板は そのうち もうちょっと何とかします  いうことききます(笑)
by garland1992 | 2010-08-17 19:46 | Comments(4)

イオンにて

d0050713_20271030.jpg

久しぶりの「ぷりんちゅぬ宝」。

でけぇ。
by garland1992 | 2010-08-15 20:27 | Comments(0)

お盆必須アイテム「ホウヅキ」

よかった・・・なんとか お取り置き分も含めて ホウヅキ仕入れられた・・・・
d0050713_8121956.jpg
野菜も高いみたいだけど お花も天候の関係上 えらいことになってて・・・
まぁ 花も農作物だからね・・・
こういう年は 初めてなわけじゃないし。

それでも 花屋始めて 19回目のお盆商戦で 
初めてホウヅキが仕入れられないお盆になりそうだったんだけど
なんどか手配をつけて入荷いたしました。


今年は 初めてお見えになるお客さんも多いだろうし 赤字覚悟で思い切って沢山仕入れて・・・
なんて考えてたけど ちょっと計算狂いました(汗)


早めにちゃんと市場に手配してあったんだけどなぁ・・・・

今後は新しい仕入先も 検討していかないといけないなぁ。


さて今日からお盆商戦も本番です

がんばります。



 
by garland1992 | 2010-08-12 08:22 | Comments(4)

光と音の時差のあいだに

d0050713_1853030.jpg
8月最初の週末とあって あちこちで花火大会があったようです

娘達もそれぞれ予定を作ってあったようで 家には初老夫婦(笑)二人のみ
あっ、ワンコと小鳥も居ますけど・・・



ちょっと風があるせいか なんだかもう涼しくて・・・・

よそ見できないほど はかない花火の命は さながら 強烈だけど短いこの季節と リンクしているのかね。



ケータイで たまたま写った上の写真は いくつか行われていた花火大会の中で 
我蘭堂から一番遠い、そして娘が友達と出かけた 江戸川の花火らしい。

その光とずれて かすかに花火の音が聞こえてくる




忙しいなんて 言い訳にならないけど 商店主ってどうしても こういうタイミングでお店を空けるのは難しいね

でもまぁ せめて同じ花火を見ることが出来て良かったよ。
by garland1992 | 2010-08-08 19:02 | Comments(2)

それでも人は恋をする

今ではお年頃になって すっかりステキなお嬢さんになった彼女と 
僕が初めて会ったのは まだ彼女が首も据わらない赤ん坊だった頃だ。

会えばなんでもよく喋ってくれて 学校であった事、親友とケンカした事、仲直りした事、嬉しかった事、悔しかった事、母親とケンカした事、よく話してくれた。

さすがに だんだん以前と同じように何でも話をしてくれるわけでは無くなってきて 彼女のお母さんから「彼氏」が出来たのを知った。

僕の知る限り きちんとした恋愛の 場数を踏んでいるとは思えない
初恋とは言わないけど ある程度の年齢になって ちゃんとお付き合いしたのは 今回が初めてだったりするのかもしれないなぁ と勝手に思っていた。
二年くらい前の話だ。




そんな彼女が失恋をした。

親の年齢である僕には いままで 彼の事はあまり話してこなかった
同性であるカッチーのほうが いろいろ詳しく聞いているみたいだったけど その日の彼女は僕に吐き出すように すこしずつ話をしてくれた。

ポロポロ 泣いていた。

おしぼりのように丸めたハンドタオルが 何度もなんども真っ赤な彼女の目を覆った


小さい頃 道路際で危ない事をして 僕に怒られて泣いた時と同じように 小さくなって泣いた

あの頃のように 頭を撫でて諭したり なぐさめたりすることは出来ない
もう 大人なんだもの。

只ただ かわいそうだった




自分の経験からして 「良い恋をしましょ」的な事を思ったりしたことは 一度もない
人を好きになることは素晴らしいことだけど 恋をするってことは気の良い友達が増える事とは まったく違うと思っている。

自分の意思に関係なく 人は恋をする
そんなつもりはなくても 
好きになりたくない相手でも
もうそれは 事故に遭うみたいに好きになったりするものだと思っている


僕の経験だけで 言わせてもらう

恋愛なんて つらいことばっかりだ
相手を想って 苦しかったり 嫉妬したり 誤解したりされたり 
っていうか 恋愛はつらいことなんだ

それでも

離れているのは もっとつらいから 一緒にいるってことだと思う。



「一緒に居てもいつも通りで居られるから」 とか 「お互い空気みたいなもので一緒に居て当たり前だから」といっている恋人同士をみると 僕は少々疑問を感じる
老夫婦か? って。
相手を心配して おせっかいやヤキモチを焼いたり 疑心暗鬼になって余計な事を言ったり
イヤだっ!って拒否したりすることを積み上げた先に そこにたどり着くんだろう?って

そしてそれは 好きなもの同士が 一生かかっても たどり着くか着かないかのところだろう? って。





別れるのはイヤだ って拒否した彼女を 拒否してその彼は去っていった

最後はどうやって終わったのか 僕が知る由もないけど どうか 「嫌いになったわけじゃないんだ」みたいな卑怯なセリフを その彼が使っていませんように・・・・って想う。

早く 次の恋が見つかりますように なんてことは 僕の経験上 口が裂けても言えない

ただ ただ 彼女が女性として奥行きを深める経験となりますように・・・・と

そう

祈るだけなのだ。
by garland1992 | 2010-08-04 16:34 | Comments(2)