我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

FUNERAL FLOWER

この仕事をしていると 本当に良くある事で珍しくないんだけど 
葬儀関係の仕事っていうのは不思議と続くことが多い。

それは 急な気候の変化であるとか ちょっと迷信的なことを言えば 潮の満ち干きとか その他科学的にも条件があることなんだろうけど やっぱり 不思議に感じますね。

我蘭堂は この二日間 仕事と知人のご不幸を含め 葬儀の話が5件続いた
今日は 初めてご来店のお客様で 「明け方に亡くなった人への枕花を・・・」っていう方もいらっしゃった。

それぞれのお宅で それぞれの非日常が起きているんだなぁ・・・・・って。
お察しいたします。



そんな流れで 今日は久しぶりに 馬込斎場へ生花の納品に行って来た。
今では ほとんど葬儀関係の仕事から撤退している我蘭堂ですが オープンから数年間はケッコウ葬儀関係の仕事もしていたし、そして修行中当時、その頃は 今みたいに 街のあちこちに民間の葬儀場がない時代だったから ほぼ毎日といっていいくらい この斎場に仕事に来ていた。
d0050713_18331158.jpg
船橋市、鎌ケ谷市、八千代市、習志野市の4市複合の斎場が ここ船橋にはある。

もう ほんとに久しぶりだったもんだから 勝手が変わっているかもしれないし、いぢめられるのイヤだから(子供かっ)
納品前に 花〇番頭、ここでもおなじみ sanasanaji-ku に 
「久しぶりで生花の作り方忘れちゃったし 行きかた分かんないから一緒に来て!」って電話←(初心者かっ)

「ナニ言ってんっすかっ」 って怒られましたが 現場につくと sanasanaji-ku はちゃんと待っててくれました(笑)

相変わらず彼も 忙しく毎日のようにこの場所に来ているらしくて ちょっと懐かしい現場再会。

花を納品に行くと 葬儀社の人や 職員の人に 「ひさしぶりだねぇ」なんて言われて・・・・

現場慣れしている sanasanaji-ku も手伝ってくれてあっさり納品は完了。

ちょっと飲み物を買いに売店に行っては 「あれぇ ひさしぶりぃ」 なんて・・・・・

けっこう みんな変わらぬメンバーなんだねぇ・・・・・・



最近は葬儀業界のことが映画になったりしてるから あんまり閉鎖的な感じはないけど
僕がこの仕事を覚え始めのころは けっこうアクの強い業界だった気がします。

最初の頃は 葬家の方が来る前の式場内 納棺済みの棺の横で カツ丼食ってる業者さん見て 
驚いた事もあったなぁ・・・・

慣れってすげぇって思ったっけ・・・・・いやまぁ 仕事だからね、うん。


そんなこんなで 無事納品も終わり、sanasanaji-ku は 次の現場に向かいました
今日はサンキューね!
by garland1992 | 2009-04-30 16:52 | Comments(4)

16連休なんて、もはや罰ゲームだっ




なんだかシャバでは ゴールデンなんとかってヤツらしくて これから本格的に連休が始まって 
道路が混んだり色々大変なようですが 花屋稼業にそんなものは有りゃしません

働くのみ 

ただひたすらに 

働くのみ

そして 





















やっぱり働くのみ  ←(しつこい)

なぜなら アレがやってくるからです
d0050713_19514468.jpg
そう 
母の日。  ←(フォントサイズいじりすぎ)

そして 桃の節句に比べて扱いが小さいとはいえ 端午の節句がありますから 花しょうぶの季節でもあります。

ってことで 今週は あちこち 花菖蒲(しょうぶ)をいけております。
d0050713_19562968.jpg
いつものクラブハウスも 今週はお節句用に。


今日は少しひんやりする陽気だけど これからどんどん暑くなっていって 生花は傷みが早くなって キビシイ季節がやってきます。

まぁ、傷むってことは 「生」ってことな訳で ようするに 生きてるってことな訳で・・・・

だから 今年もそんな季節と 上手に向き合って 付き合っていきましょう。
d0050713_20125371.jpg

by garland1992 | 2009-04-28 20:09 | Comments(2)

聞き流してください 2

一応 花屋のブログなので いままで極力 時事ネタは書かないできたんですけどね
なんとなく 今回は ちょこっと触れておこうかなぁって・・・・・




別件逮捕だと思う


彼は 酔っぱらって マッパになって くだ巻いていた それだけなのだ。

もちろん 夜中に騒いで迷惑がかかったから通報されたんだし、ファンあっての仕事をしている立場であるから
どっかの 酔っ払い花屋が 羽目を外してみっともない行動をとるのとは意味が違うと思う。
どんなストレスがあったのか知らないけど いい大人なら そのストレスを上手に捌く方法をとるべきだと思う

誰にだって悩みはあるのだから。



でも通報した人(彼を見かけた人だったかな?)は 当時の彼の様子を訊かれて なんて言うかと思ったら

「楽しそうだった」

なんて言っている。

はじめ 警察官を殴ったっていうデマも有ったけど それなら公務執行妨害がつくはずだし
要するに 「こいつ クスリやってるな?」って思われて しょっぴく理由付けで「公然猥褻罪」つけたとしか思えない。

じゃなきゃ いきなり家宅捜索なんてするのかね?

「公然猥褻を裏付けるための家宅捜索」って、なんだそれ。

なんども言うけど 彼は 酔っぱらって 人の居ない夜中の公園で マッパになって くだ巻いていただけなのだ。

酔っぱらって うさ晴らししている みっともない34歳のおっちゃんだっただけなのだ

人間くさくて みっともない 酔っ払いだっただけなのだ 
誰かに暴力を振るったわけではないのだ。


僕は別に とりわけ彼のファンでもないし嫌いでもない
厳しい発言を彼に向けている H大臣だって立場上の発言かもしれないけど
あんたたちの中には もっとヒドイのいるだろうって言いたくなる。


潔癖な女性からは 僕の意見は叩かれる内容かもしれない
そういう意味では 彼は人を傷つけてしまったのかもしれないけど・・・・・

立派で キレイで 正しく生きていくって じゃあどういうことなんだろ

なんとも やるせない


彼が 反省をして 
そして 復帰をして 
その後 人として奥行きが深まって 
いつかこの日のことが 肥しになっていると想える日が来ればいいなと そう 想う。
by garland1992 | 2009-04-23 18:30 | Comments(9)

大安吉日の朝

年度末から 新年度にかけて うちの通りもだいぶ立ち退き、移転が進んだ感があります
我蘭堂も ここで発表するのにはもう少し時間が掛かりそうだけど 少しずつ話は進んでおります。

そんな中で 空き地を挟んで 隣りの建物だった美容室さんが 移転になり今週グランドオープンだった。

スタンド花のご注文をいただいて 今朝それも納めてきました。
d0050713_17502970.jpg
場所は駅前、大手美容室の目の前 他にも半径100M内で4~5軒美容室がある激戦区といえます。

息子さんが手伝う事になって思い切って勝負に出たと言っていた。

美容業界に友達が居るとはいえ その業界の人間じゃないからその厳しさを理解することは出来ないけど
それでも 美容室が一軒もない街よりは むしろ良いような気がする。

僕が独立する際 先輩から
「他に花屋が無い町で花屋をやることは 大変だと思うよ」
って言われたのを思い出します。




これからお店を切り盛りする その息子さん本人も僕は面識があって 先日もプレオープンの時 少々話をした。

攻めている姿勢ってのは 良いですね 

時にそれは 刺々しくなりがちなものですが できる事なら 僕は 攻め気を持ちつつ 
それでいて穏やかで かつ厳しく居たいものです。

それが僕の考える 美しい大人の姿です。
by garland1992 | 2009-04-22 18:50 | Comments(0)

聞き流してください・・・

今年もギリギリだったけど 3月に申告も終えて 税金も 期限ギリギリだったけど納付した。

でも 消費税の納税は 3月31日までの納付期限ってこともあって 16日には納付してなかった。

こんな事 書くのどうかと思うんだけど その消費税をこの週末に ほぼ半月遅れで 全額納付した
去年も 同じような 日にちだった気がする

まぁ たしかに サッパリはしました。

数年前まで 年商3000万円までだった枠が 年商1000万までに引き下げられて 街の小さな商店も殆ど納付することになって・・・

考えてみたら 物凄い増税が いつのまにか決められていて施行されているわけで・・・・






おととい 我が家にも 届いた ナントカ給付金の申請書
なんだか知らないけど 頼んでもないお金ばら撒いて そんでもって いずれ確実に待っている 消費税率の引き上げ。

こんなやりかた 商売人なら考えられないよなぁ・・・・


あんまり ここではグチりたくなかったんだけど ちょっとだけコボしてみました、スミマセン。


しゃらくせぃ!

労働も 納税も 国民の義務だから 決まったもんは耳そろえて納めてやらぃ! ←(滞納常習者)
by garland1992 | 2009-04-19 19:36 | Comments(2)

雪解けの大地より

毎日まいにち 届く郵便物といえば 請求書ばかり(苦笑)っていう我蘭堂に 嬉しい便りがまぎれていた

北海道に行った Yッシーからだ。
d0050713_1842405.jpg

元気そうな近況と 今後のことを少し、そしてこのブログの事も触れてあった
裏は 美味そうな海の幸の写真だ(じゅるっ)

思い出してくれて こうして便りが届くってのは うれしいもんだなぁ
北海道にも友達が居ると思うだけで すこし背が伸びたような そんな感じになれる

Yッシー ありがとね、ネット開通のあかつきには コメントまってるぞ!!

こっちも頑張るよ!!
by garland1992 | 2009-04-17 19:02 | Comments(0)

傷口は語る

久しぶりに手を切った

アレンジメントを作っていて フローリストナイフが左手親指に向かってきた。
d0050713_1785922.jpg
このとき 作っていたアレンジメントのご注文主が 僕の目の前に居た。

お客様の目の前で そのお客様の品物を製作中にケガをしたっていう事だ。

僕は 顔から血が出るほど 顔から火が出るほど恥ずかしかった

僕は以前受けた技術試験で 言われた事がある

「この試験は お客様が目の前に居るという設定で行います、ご希望通りの作品を作るのが目的ですから規格通りでない場合は減点になるわけですが それよりも気をつけていただきたいのは ケガです、
これは 即 失格になります」

試験官から それ以上掘り下げた説明は無かったけど
花を買いにみえたお客様の前でケガをするってことは プロとして失格って事なんだな と そのとき思った。



手を切った時点で アレンジメントの仕上がりは6割といったところ
僕は 気づかれないようにセロテープで親指を 強く絞めて巻いた

それでも 透明のセロテープ内は みるみる紅くなっていく

(けっこう 斬っちゃったなぁ) 僕は思った。

それもそのはず わずか30分まえ 僕は そのフローリストナイフを 念入りに研いだばかりだったから・・・

2~3ヶ月手入れをしていなかったフローリストナイフが 怒っているんだと思った
だって あんまり考えられない斬り方をしたから

あと それだけじゃなく 僕の中に 自惚れや 慢心が あったに違いない

まぁ 傷も 痛みも 大したことはないんだけど 久しぶりだったからちょっとね・・・・

本当に お粗末で 恥ずかしいことです


お客様が 僕のケガに 気付いたかどうかは判らない
急にティッシュを掴みながら花を活けだした僕は すでにバレバレだったかもしれないけど

それでも アレンジの出来は まぁまぁだった 

それだけが 救いだ

僕は 血がちょっとでも付かないよう 気をつけてラッピングをした

そのお客さんが アレンジを気に入ってくれたかどうか
そして 僕のケガに気付いていたのなら どんな気分だったか それは 解らない
ケガをしてしまった後の対応としては できる範囲で間違ってなかったとは思うけど・・・





開いたキズ口が もしも喋ったのなら 僕に こう言うに違いない

「この未熟者めが」 
by garland1992 | 2009-04-13 17:08 | Comments(8)

花と緑のジャンボ市

この週末 10(金)11(土)12(日)は 船橋駅北口 天沼公園にて 船橋生花商組合の イベントをやっております。
d0050713_16584870.jpg
組合員である 我蘭堂も10日が当番だった為 自店の仕事もあるってのにお手伝いに行ってきました(笑)
ちなみに うちだけでなく全員ボランティアでの お手伝いです。

d0050713_1723298.jpg

船橋生花商組合の売り場の横に大きな桜の木が有って そいつから まさに「桜吹雪」が大量に・・・・
d0050713_1724854.jpg
売り場一面 桜の花びらです・・・・・
サービス束にも 桜の花びらのトッピングが・・・・

6~7年くらい前までは 年に二回 春と秋 このイベントの手伝いでここに来ていました
近年は 組合員も減り そして組合員のモチベーションも下がり、このイベントを組合員同士で切り盛りすることが出来なくなってました。
だから 今回は久しぶりのジャンボ市参加。

それまでは 切花の仕入れ等も 僕と Nさんとで担当して それこそ自分の店を後回しにして このイベントの手伝いをしていた。

組合員の、というか いつも同じ組合員ばかりの負担が大きいこのイベントを その頃も今も僕は賛成していない。
それでも こうして手伝いに来てみて 桜の花びら舞い散る中 屋外で沢山の人と話をしながら花を売っているのは心地よいことではある。

この日は初夏のような陽気 目の前の噴水では 小さな子供とその母親たちが水遊びをしている 
水着に着替えている子供も居た。






そういえば 僕も娘をつれて このジャンボ市に来たこともあったっけ
ズボンの裾をまくって 素足を水につけて 笑っている娘の写真があったはずだ

つい何年か前の事のように想える。







この日の夜 娘に 

「ジャンボ市っておぼえてるか?」

って訊いてみた。


「おぼえてるよ、大きな桜の木があるところでしょ?」





そうだよ    ありがとう

できることなら ずっと 忘れないでいてね。
by garland1992 | 2009-04-11 17:33 | Comments(0)

春の終わりを告げる旬の花

今年も もうこの花の季節・・・・・
d0050713_9544073.jpg
枝付きスイートピー。

スイートピーの季節の終わりを意味する この花・・・
思えば 11月くらいからスイートピーって売ってるんだよなぁ
クリスマス、年末商戦、バレンタイン、お節句、ホワイトデー、卒業シーズンと 長い事店内を彩ってくれました



まだまだ季節の変わり目とはいえ 晴れれば 日中は もう汗ばむような日もある 

今年最後の ひと花 咲かせてもらうことにしよう。
d0050713_10121026.jpg

by garland1992 | 2009-04-09 10:24 | Comments(4)

春の再会

今朝 YOKO代表@Tビスから連絡が来た

ma- のお墓参りの途中 現在千葉入りしている片岡夫妻と 一緒に我蘭堂に寄ってくれるらしい。



片岡さんは 我蘭堂の節目といえる 2007年青森出張の時の恩人の一人だ
ご夫婦でご来店なんて嬉しい。

スタッフの皆さんと空港で横断幕まで用意して僕を迎えてくれた時のようにはいかないけど
ほんとに ホンとに ささやかだけれど 二人の為にウェルカムフラワーを店頭に活けた。
d0050713_2037685.jpg

今日は 週末の商いで文字通り「がらんどう」になってしまった店内をうめるべく ちょっと多めの仕入れをしていて
お世辞にも片付いているとはいえない店内です ちょっと申し訳ないっす・・・・・



そして間もなく YOKO代表と 片岡ご夫妻ご来店

嬉しい うれしい 再会です
水揚げ放り投げて 店頭で熱いハグを交わしました(笑)



YOKOさんにお願いして記念撮影
d0050713_2045014.jpg
パチリッ!

僕は 美容の業界人ではないから判らないけど 彼らは今 何かしらのムーブメントの準備をしているらしい。

不景気に手をこまねいているだけではなく 攻めの気持ちでいる彼らはスゴク素敵だと思う。

花屋業界は、そして、自分はどうだろう  と考える 
単純に比較は出来ないけれども。

攻める体力(経営的に)さえも残ってないところも あると思う
辞めてしまう体力がなくて 続けているなんていうところもあるかもしれない。

我蘭堂も 今年は間違いなく移転を含めて また 大きな転機がくる

あの2007年に感じた手応えを財産に また勝負に出なきゃ。



だって もう一度、いや、なんどでも あの時みたいに 

「この仕事を続けてきて良かった」って 想いたいもの

そう想っている自分を 家族にも 見せたいもの。
by garland1992 | 2009-04-06 21:12 | Comments(2)