「ほっ」と。キャンペーン

我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

炎天下、6日目突入

このウェルカムフラワー、炎天下の中 店頭に飾ってあるんだけど・・・・
d0050713_2112383.jpg

もう 今日で5日目です・・・・・・・

午前中なんか ガンガン陽に当たってます・・・・・
水なんか ぬるま湯になってます・・・・

ホンとっすよ・・・・・ジャロに 電話してもいいですよ、大げさじゃないですから(笑)

どうしてどうして お花って長持ちするでしょ?




だから みなさん お花を買いましょう。(営業かよっ)
by garland1992 | 2008-07-30 21:12 | Comments(0)

雪解け水

月末が近いとはいえ この陽気ですから 決して忙しくは無いんだけど
零細花屋の店主に 休息の日々は無い (いや、毎日休息しているような気もする)

過日の残務やら 仕入れやらで なんとなく気ぜわしく過ごしている。
d0050713_20553100.jpg

そんな中 数日前 四年ぶり、いや、五年ぶり?にAさんが 直接電話をかけてきてくれて やっと話をすることが出来た。

彼女は 今年の五月に プリムラ を届けてくれた うちの初代レッスン生。

訊きたいことは 山ほどあるんだけど とりあえず聞いた用件は 花の発送の依頼だった。

その後 詳細は メールでやり取りをしたんだけど もらったメールには まるで 絵葉書のような画像が添付されていた。
d0050713_20201152.jpg

一枚目の画像との その違いに驚いちゃうね・・・・・

こんな 素晴らしい景色に囲まれて暮らしているのかぁ・・・・
もちろん だからって 楽しいことばかりじゃないだろうけどね。


何があったのかは まったく聞いてない、思い当たることが 全然ないわけじゃないけど。

でも もし 何か わだかまりが有ったのなら そろそろ そのわだかまりも 山の雪のように解けはじめていい頃だと そう感じるのは 
僕が何も聞いてない 部外者だからなのかな。



直接 電話をくれて ありがとう
送ってくれた アレンジ画像が 落ち着いた大人のアレンジに見えたのは こちらから届けた花材のせいだけではなく 
5年前とは 当然ちがう 今のあなたが 投影されているからだと 想います。

また 連絡、待ってるからね。
by garland1992 | 2008-07-29 21:01 | Comments(0)

Go west

よほど メジャーな大手フローリストや、種苗会社じゃない限り、ふつう花屋ってのは 商いとしては 小さな規模のものだから 
商圏って凄く狭いと思うし その分 地域密着なものだから そういうアプローチで商売をするのが正しいんだと思う。

そんな中 こんな小さな花屋に その商圏を超えた場所での依頼が入ることは やっぱり有り難いことだし
作り屋の息子に生まれた僕は 販売だけではない 「何か」に この仕事の手ざわりを 感じるのだ。

だから ちょっと 商業ベースを外れた内容であっても そこに落ちている付加価値を 見過ごせなくて 僕は出かけていくのだった。

自営業者の僕だけでなく、 終身雇用神話も崩壊して なんでも有りの世の中で、だからこそ みんな 
実はそろそろ気づき始めているような気がする、

「仕事はやりがいだから」って。

そんな 手垢の付いたセリフが 武器になるような 世の中は おかしいのか 正しいのか 
まぁ、良くわかんないけど 我蘭堂は こんなカンジで進んでいこう。

さて 今回の仕事は 本〇さんっていう作家さんの出版祝いパーティーの会場装飾。
花束が 4つ、ステージ横のスタンド花、料理がならぶ本卓の卓上花、チラシテーブルの卓上花×4ヶ のご依頼。

今回出版された小説は 夏を題材にした内容らしくて それになぞった夏らしいイメージの花を 活けるように言われていた。

ちょっと今回 こだわったのは メインのステージ花じゃなくて 料理本卓のデコレーション。

本卓の装飾なんて久しぶりだなぁ・・・・

ってことで 前日、ある構想から 必要になり カッチーの買い物のついでに仕入れてきたものは
d0050713_17595341.jpg

パイナップル。

今回 こいつには がんばってもらいます。

大小あわせて4つある花束をふくめ
d0050713_1872938.jpg
 
その他 花材と道具を積み込み 向かったところは
d0050713_1885660.jpg

駒澤大学深沢キャンパス。
d0050713_1892664.jpg

作家さんは 駒大の出身らしいです。

ガソリン高騰も手伝ってか 渋滞もなく 予定よりずいぶん早く到着していまい、花を積んでなければ 三軒茶屋とか自由が丘とか遊びに行きたかったんだけど こんな陽気の中 花を積みっぱなしにする訳にもいかないし 一人ぼっちで自由が丘散歩も ちと寂しいし・・・

ってことで 守衛さんに言って お花の納品を強行!

そしたら すでに 宴会場の設営の業者さんは到着していて まんざらいいタイミング~。

そして 先ほどのパイナップルは どうしたかというと
d0050713_18192419.jpg

潜ってもらいました・・・・・・


そして ステージのお花は・・・・・
d0050713_18242943.jpg

夏、南国 = アンスリューム って ちょっとベタだけど いいんです、そういうもんですっ!

サラシミツマタ は、珊瑚をイメージして 花束などにも使って今回のコンセプトを コーディネート。

ちらしテーブルの装飾は・・・・・・
d0050713_18284096.jpg
 
卓上花に関しては オーソドックスなフラワーアレンジを使わずに こんなカンジで。

というのも、今回のクライアントには 花業界の人が絡んでいて 始めっから
「内山君、ちょっと ひねったの お願いね」 見たいな事を 言うんだもん。
(まぁ、言うほどひねれてないかもね)
南国チックにするには 今回、会場の背景が 全体的に淡い色過ぎたかなぁ・・・って気はしますが、
とりあえず 出来る範囲での 仕事はしてきました。

花も降ろしたし ぶらっと自由が丘へ・・・って 思ったんだけど 夕方に一件、ご予約が入っていて
おのぼりさんの自由が丘散策は またの機会となりました。



忙しいわけじゃなくても お店をやってると ゆっくり出かけることって出来ないけど
やっぱり 都内の西側って なんかいいなぁ・・・・雰囲気が。

今度は 電車に乗って 来てみようかなぁ。
d0050713_18561560.jpg

by garland1992 | 2008-07-27 19:00 | Comments(2)

行ってきます。

d0050713_954026.jpg

今日はこれから世田谷出張です。
ご予約の仕事はすませましたが、これより臨時休業させて頂きます。
戻りしだいまた 営業いたします。

ご迷惑をお掛けいたしますが宜しくお願い申し上げます。
by garland1992 | 2008-07-27 09:54 | Comments(0)

チャリで配達中!

d0050713_12294759.jpg

究極のエコ・デリバリー、チャリンコにて仏様のお花を配達中。

ちょっとまてよ、必死でチャリ漕いで 息が上がった をっさんから 大量に排出される CO2 はどうなの?

ほんとに エコなの? 

おしえて ホトケサマ!!
by garland1992 | 2008-07-26 12:29 | Comments(4)

嗚呼、海辺のバーベキュー (一部わかる人だけ一緒に泣いてください)

出版祝いパーティーの 会場飾りの仕事が入った。
夏を内容にした本らしくて、それに添った感じの花材を仕入れる事になったんだけど
ちょっと 急な仕事で 仕入れも一回勝負になった。

おもったより 種類がなくって とりあえず アンスリュームをメインに仕入れた。
d0050713_131554100.jpg

これさぁ・・・・たしかに搬送途中で傷んだら困るのは分かるんだけど・・・・・
d0050713_1318211.jpg

セロテープ使いすぎぢゃね?!

1~2ケースならいいんだけど 沢山仕入れたときなんか 剥がすのに時間かかるんですよ・・・・


前にもここで書いたこと有るけど アンスリュームの水揚げは こんな感じ・・・・
d0050713_13243981.jpg

こんなこというとなんだけど 「夏」 とか 「南国チック」 とか トロピカル関係って 得意分野ではないんですが頑張ってきます(笑)
 
27日(日)のご予約に関しましては出来る限り対応させて頂きますが 当日不在になりますので
何かございましたら お早めにご連絡ください。
by garland1992 | 2008-07-25 14:11 | Comments(0)

スケスケほおづき

取っておいた ほおづきで作った 「スケルトンほおづき」
d0050713_1071597.jpg

涼しそうでしょ・・・・

もちょっと 作ろうっと。
by garland1992 | 2008-07-24 10:09 | Comments(4)

けっこう 熱い商店会なんです。

今日までの三日間、商店街の中元大売出しの福引抽選デー。

商店会長のお店の前で 賑やかにやっております。
d0050713_903473.jpg

やっぱり 子供達が来ると盛り上がるね、こういうものは。

ディズニーリゾートのパスポート券とか、JTBの旅行券5万円分とか・・・・・
けっこう 豪華な景品が 当たります。

空クジなしの 総当り! 人生も こうありたい(笑)
by garland1992 | 2008-07-23 09:09 | Comments(0)

一個220円の至福

この間、久しぶりに 勝田台の 貝殻亭 まで行って来た。

けっこう 有名なお店なので 知ってる人も多いと思うんだけど フレンチのお店なんです、ここは。
でも 僕は そっちで食事したことが まだ一度も無いんです・・・・・
だからだれか 連れて行ってください (自分で行けっ)

何をしに 行ったのか というと 僕の目的は その店の隣りにある 貝殻亭の姉妹店・・・・
d0050713_9204659.jpg

そう、プリンを買いに 来たのでした。

実は マイ・フェバリットぷりん は、ここで売っている 「田舎プリン」なのだっ!
d0050713_9321425.jpg

意外と フツウでしょ、見た感じ・・・・・・

食いたかろう・・・・

このブログを見ている プリンふぇちのみなさん・・・

食いたかろう? 食いたかろうてなぁ?


2階は カフェになってるそうです、こんど プリンツアーでも 企画しますかね。
by garland1992 | 2008-07-21 09:41 | Comments(2)

窓からみえる景色

昨日は ちょっと手術の立会いが有って 店を早じまい。

もちろん、ご予約の仕事は済ませてからの閉店なんだけど ご来店頂いたお客様、ご迷惑をお掛けいたしました。

店頭には 「本日、誠に勝手ながら 3:00にて・・・・」って 書いておいたんだけど
ここのところの 近所のお店の廃業つづきもあって それを読んだお客様からは

「いつまで閉店するの?」 っていうような質問が・・・・

(あぁ、そうか、お店の移転が決まったと 思うよなぁ・・・そりゃぁ・・・・)

ってことで まぎらわしいから その お知らせは 外させていただきました。
ましてや 翌日は定休日・・・・・

「あぁ、花屋さんも 閉めたのね」 って思われちゃうかなぁ・・・・

では みなさん あらためて・・・・

・・・・コホンッ・・・・

我蘭堂は まだまだ この場所で 商いしておりますっ!

きのうは カッチーも どうにも都合がつかなくて やむなく そうして向かった先は I市の病院。

僕の親父の手術の立会いであった。 

別段、命にかかわるような手術ではないし、心配は要らないんだけど 鉄人ネジ職人が この一年ちょっとで 経験した手術は これで5回目。

さすがに 「もうたくさん」ってなカンジだろう。

でも どうやら 今回の手術で ひと段落な感じ。
前回の時は ちょっと 術後の経過が良くなくて 本人以上におふくろの方が参っちゃっていたなぁ・・・・・

まぁ 無理もない、おふくろは 実兄を亡くして何日も経ってないときでの 出来事だったから
集中治療室で 管だらけのまま亡くなった兄と すっかり同じ格好で 管だらけのまま意識がない自分の旦那をみれば そりゃぁ フラッシュバックしちゃうんだろうから。




数日前 親父から 直接僕のところに 電話があった。
「手術の日に お前も来てくれ」と。

行くのは かまわないんだけど なんでわざわざ?って 思っていた僕に 親父は言った。

「母さん、ひとりだと ちょっと 心細いだろうから」

マザコンな 僕は 昔っから おふくろに対して 労わる言葉を伝えられない親父のことが ちょっと不満だった。
(感謝してたって ちゃんと言わなきゃ伝わんないよ、昭和の男だか職人だか知らないけど そんなのいまどき はやらないよ)って 思ってた。

そんな 親父にしては 上出来な 心遣いだったんだろう。

「母さんには 俺から言われたって 言わないどけ」 って 親父は言った。
僕は もちろん おふくろに すっかり しゃべった(笑)

親父が 想っているであろう 言葉ではない 伝達が 無いとは思ってない。
もうじき 金婚式を迎える夫婦が持つ 独自の伝達方法が あっても不思議じゃない。

でも 言葉で伝えたって 全部は届かないんだ。
だから 僕は 余計なことをしたとは 思ってないんだ。

おふくろが 喜んだかどうかは よく判らないけどね。


前回と うってかわって 術後 すぐペラペラと喋っている 親父をみて おふくろは
「なんだか 嬉しくなっちゃうね」って 言っていた。

確かに 前回と比べたら うんと 状態はいい。

でも鉄人も すでに 70過ぎ。
シュール・リーお嬢が いつかの 記事で書いていた 言葉が浮かんでくる。

「ゆるゆると ある方向へと向かっている事は否めない」

べつに 哀しいことじゃない、だって それは自分も、誰も一緒だからね。
すごく 深く、柔らかい言葉だ。



僕は この人の息子として 40年以上生きてきて 最近初めて知ったんだけど
なんと 父は
プリン好き らしい。
術後すぐ 水もまだ飲んじゃダメだって 言われているのに 
「先生、プリンはいいかね?」って 言っていた、 っていうか 本気で食おうとしていた。

どんだけ この人の血を 引いているんだ 俺は・・・・・・


d0050713_1024697.jpg

先日、親父の わがままで 病室のベッドは 通路側から 窓際に替わった。

窓からは 遠く 幕張新都心の 「ツインタワー」 が ぼんやりと 見えた
上の画像や、親父、おふくろには 確認することが出来ないかもしれないけど。

ふたり 寄り添っているように立つ その ツインタワーまでの 視界は 決して良いとはいえない
靄が かかってはいるけれど、 でも そのモヤの先に それは 確かに 存在している。

僕には しっかりと それが見えた。
by garland1992 | 2008-07-17 10:20 | Comments(6)