我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

初夏の卒業

今日の夕方、タエビスの まるちゃ と ウッチーが遊びに来てくれました。
d0050713_011294.jpg

今月いっぱいでタエビスを卒業するマルちゃ・・・
マルちゃは かつてma-が初めて連れてきてくれたタエビス・スタッフでもあります。
後にタエビスのイベントやウェディングで花部門の窓口を引き受けてくれたマルちゃの卒業は 内山@我蘭堂にとっても大きな出来事であるので 「話を聞きたいからお店にきてね」っていう勝手な要望を聞き入れて本日、来てくれました。

もちろん、円満退社であること、前向きな再出発であることを聞いていましたのでつまらぬ心配は無かったのですが、一応直接話を聞きたいと思っていまして・・・・

「退社前にはと思って・・・」と律儀に顔を出してくれたマルちゃは、一緒に来てくれた ウッチーの前でしっかりとした口調で今後のヴィジョンを話してくれました。
それはキチンとした先輩の顔でした。

きっとma-も応援してるはず・・・・・・

すばらしい職場で積み上げた経験を武器に大きく飛躍してください、みんなが応援していると同時に 惜しまれて卒業して行くことも忘れずにいてくださいね。
そしてそれは 誰もが持ち得るものではなく、特別な財産であると誇りをもってくださいね。
さしでがましくてごめんなさい。

まるちゃ、卒業おめでとう。
by garland1992 | 2007-05-30 00:40 | Comments(2)

それが「ぷりんちゅ」ぬ宝・・・・

今日はCさんからご依頼頂いていた とあるエステのオープンのアレンジを納品してきた。
「白、グリーン系で」とのミッション。
d0050713_1739543.jpg

エステだし、そうか、さしづめこれは「美白アレンジ」ってことになりますな・・・

話は変わりますが 15周年の日に to-ma-toちゃんが好物のプリンを差し入れしてくれたんですが
d0050713_17463994.jpg

おかげでプリンづいて来まして、昨日はレッスン生のSさんから これまたプリン頂いちゃいました・・・・(Sさん、ありがとうございました)
d0050713_17492332.jpg

中身はまさに美白なプリン・・・・
この画像を見ると すご~く、羨ましがるであろう四十路の男を僕は知っています・・・・・・
ごめんね、すでに完食しちゃいました・・・・・
(一人で全部食べたわけではない、念のため・・・)
by garland1992 | 2007-05-28 17:59 | Comments(2)

ラーメンズ・ヲタ・・・・カミングアウトです。

買ってしまった・・・ラーメンズDVDボックス・・・しかも2つ揃えて・・・
d0050713_17512810.jpg

僕は彼らの作品がずっと好きだった。
「笑い」と「切なさ」が時間差で効いてくるカンジ・・・・・
それって、僕が書いていきたい文章の理想と同じように感じる。

しかし小林氏はつくづく非凡だ、会って話ししてみたい。
by garland1992 | 2007-05-26 18:01 | Comments(4)

沢山のエール 心に染みました・・・・

15周年の記事にあたりましては コメントの欄は勿論、メールフォーム等 多方面から
思いのほか沢山 お祝いの言葉を戴きました。ありがとうございます。
昨日一日の訪問者数も100近い数にのぼりましてビックリしました。
 
というのもご近所の同世代フローリスト taroさん が我蘭堂の事を載せてくれたからなんですが、彼のブログはランキング1位の常連で 彼の人柄や丁寧な仕入れ、販売などがうかがえるステキなサイトです。
是非皆さんも遊びにいってみてください。

15年の節目を越え これからも しなやかで そして頑固に 花を活けていきたいと思います
これからもよろしくお願いします。
そして皆様には重ねて御礼申し上げます。
by garland1992 | 2007-05-25 14:27 | Comments(4)

Anniversary 15th

15年前の5月22日 僕たちは フラワースタジオ我蘭堂(ガーランド)を旗揚げした。
いつかの記事にも書いたけど『根拠の無い自信、それと相反する不安』を抱えて・・・・

(3年前までの12年間商いをしていた 3軒隣 旧店舗のオープン当初)
d0050713_1759247.jpg

長女@我蘭堂は 1歳9ヶ月だった。
店の周りは今よりずっと 商店が多かった。

当時の店内。
良くも悪くもさっぱりとしている。
d0050713_17403923.jpg

観葉植物のリース会社時を含め8年修行してからの独立だったけど「仕入れ」に関しては全くの1年生だった僕は、これまた 全くの「花屋1年生」の妻を店に残し 一日おきに 午前中いっぱい市場でのセリに参加するため 店を不在にした。
小さな子供を抱え、慣れない仕事とお客さんを任された妻は嫌な思いもしたと思う。

当時のセリは「しがらみ」が付きまとう泥臭い手セリ、思ったように仕入れられない日も多かった。
自分では気をつけているつもりだったけど 市場帰りは機嫌の悪い日もあったと思う。
幸い彼女は そんな理不尽を黙って耐えるほど不幸な性格では無いので 対等に話し合いもしながらお店は続いてきた。
だからこそ 僕よりもむしろ器用にそつなく仕事をこなす彼女が「悩んでいた」事を僕はずっと見落としてきてしまったのかもしれない。

彼女が 少しずつすこしずつ 埃が積もるように悩みを重ねている間でも お店は回っていく、
楽に商売をしていた時期は一度も無いけど 少しずつでも信用を積み上げてお客様は増えていく。
そんな中 僕は確実に自信をつけて経験を重ねているつもりだった。


そういえば 以前 オノ・ヨーコが何かで語っていた。
「ジョンが良いアルバムを作るとそれはジョンの才能ということで、悪いアルバムを作ると『ヨーコのせい』ってことになるのよ」

僕が二人の店だと思っていた我蘭堂はいつの間にか ちょっと違ってきているようだった。

華道池坊流師範と フラワー装飾技能士、そんな鎧(よろい)で身をかためている僕に対して、彼女は丸腰だという事に10年間気づかないできてしまった。
さしづめ 「丸腰での戦い」を10年間強いられた彼女は傷だらけだった。
節目の10年目で大変遅ればせながら気づいた僕は 仕入れの方法を変える事にした。
セリ(競売)の参加をやめて市場の引き荷(先取り)と大田市場仲卸への直接買出し。
これで開店時刻には店にもどってこられる。
d0050713_21125834.jpg

しかしそこには別のジレンマが待っている。
自分が頑張って早い時刻から動き、この仕入れ方をしていけば 彼女の負担は減らしていけるけど、僕が頑張ればがんばるほど店は僕一人で良いことを証明していくことになる。
僕は結局彼女を追い込んでいく事になった。

折りしも店の存続のピンチの時期とリンクしていた。(詳しい内容はご勘弁ください)

この仕事を選んだ事を後悔した事は一度も無いけど、そんな自分を恨めしく思った数ヶ月。
自分の商売だもの、どんなに辛くてもどんなに働いても偉くも凄くも無い・・・・
誰に頼まれて続けている仕事ではないもの・・・・

あの時 僕がこの仕事にしがみ付いていた理由はなんだろう・・・・
「いまさら一年生として違う仕事を覚えたくない」っていう、安いプライド・・・・?
「○○ちゃん(娘の名前)のお家、お花屋さんなんだって!」っていう既成事実・・・・?

全部が真実で全部が言い訳だった。

何かを続けていくことって こんな風に 意外とだらしなくてまとまりの無いものかも知れない。
それでも、そんな内容でも 辞めずに続けていればすべてが報われたように感じる日が来る。
今年の僕の青森出張の時のように・・・・

15年間の中のそんな たった数日間の為に何かを続けていることって けっこうまんざらでもない気がする。

モチロン貴重な思い出も沢山有る。
中でも傑作は、毎週花を定期で活けているお店の店主が僕のアレンジにケチをつけてきた。
現場でそれを受けた妻は その店主とヤリあって解約を決めて帰って来てしまった
商売人として それが良いか悪いかは歴然だけど、職人の嫁として妻の取った態度は正しいような気がする。
僕ならクレームとして処理して来たかもしれない。

僕たち花屋は喜ばれて、綺麗と言われてナンボなのだ、綺麗と思えない花を活ける花屋と付き合う必要はお客さんにだってないはずだ。
職人の嫁だ。


お客さんに最近「奥さん、見かけないけど元気?」なんて訊かれる。
「非常勤ですから!」って答えることが多い今日この頃だけど、それもいいかなぁって最近は思えてきた。
何が一番良いのかは判らないけど、そうやって思い悩んでいく事が大事だってことは判ったような気がする。


みなさん 我蘭堂は15歳になりました。モチロン努力もして来たつもりだけど、沢山の人に後押しされてここまでこれました。
そんな方々はモチロン、僕を奮い立たせてくれた「憎らしい人たち」も本当にありがとう。
15年の節目に相応しい心持ちを感じさせてくれた青森班や千葉班、この間 絶妙なタイミングで ふらっと遊びに来た幼馴染みの仲間も・・・・
みんな、みんな、みんな、みんな・・・・・ありがとうございます。

そして「職人の嫁の魂」のみで 丸腰のまま戦ってくれている 
カッチー@我蘭堂、ありがとう。

by garland1992 | 2007-05-21 19:31 | Comments(14)

ミッション・フロム・青森!

今日は21日、ma-さんの月命日ということで Yさんのお花を納めにタエビスへ行きました。
いつもの花器にミニブーケを活け終わった頃、青森からもどったオガちゃんが
イッチーからのお土産を持って来てくれた。
d0050713_95852.jpg

おぉ、これは親愛なる いっちープリン隊総本部長からの「プリン体摂取命令」に違いない!
今宵は 日本酒で任務遂行か!?

イッチー・・・・ありがとん!!
by garland1992 | 2007-05-21 09:15 | Comments(0)

これがホントのプリン隊??

いつもお世話になっているお客さんに頂いたプリン・・・
d0050713_23125025.jpg

文明堂って、プリンも作ってたんですね。

「鶏肉」だけでなく「プリン」まで、食べ物の好みが完全にカブっている 「長女@我蘭堂」とのシレツなバトルの末にやっと一つ勝ち取ったこのプリン・・・・

彼女にも この私の「鶏んちゅ」と「ぷりんちゅ」の血が流れているって事か・・・・・
冷蔵庫の中にはあと二つ・・・・
明日、奴が学校に行っている隙に もう一つやっつけよう・・・・・
by garland1992 | 2007-05-16 23:12 | Comments(2)

「母の日」ご注文有難うございました。

「母の日」までの数日間、沢山のご来店、ご予約、誠に有難うございました。

今年は、数名様から このブログのメールフォームからもご注文を頂いたりしまして、嬉しい限りです。

生花は農作物です、状態の良い物 そうでない物、輸送の途中でのストレスなどで意外なほどダメージをうけたりする事もあります。
気をつけて仕事をしているつもりではありますが 我々から見ても なかなか見つけにくいダメージもあります。

お買い上げ頂いた大切なギフトのお花たち・・・万が一 納得のいかない状態の場合はご遠慮なくご連絡ください。
出来る限りの対処をさせていただきます。
d0050713_99359.jpg

「フライパンアレンジ」当日限りで商品化しました(笑)・・・・
by garland1992 | 2007-05-14 09:25 | Comments(0)

母の日カウントダウン!

昨日あたりから 我々はモチロン、お客様の方も「母の日スイッチ」オン!!って感じです・・・
最近は少し早めにお届け、お買い求めになる方がふえていますね・・・・
d0050713_162075.jpg

我蘭堂雑貨部とのコラボ商品も早い者勝ちです!
(聞こえは良いが要するに一点ものが多いってことっす)
d0050713_16202975.jpg

どうぞ よい母の日をお迎えください。
by garland1992 | 2007-05-10 16:49 | Comments(4)

えー、母の日ウィークはじまってますデス・・・・いちおう・・・

翌朝も母の日前の仕入れで早起きだというのに、日付が変わろうかという時間からDVDを観始めてしまった・・・・(ある種の現実逃避)
d0050713_95272.jpg

・・・・・・母の日前の花屋のブログに あるまじき記事と画像
何度目だろ・・・・ブルース・ブラザース・・・・・・
結局、興奮しながら最後まで観てしまった・・・・

えー、でもちゃんと仕入れには行きましたので(あたりまえ)、母の日に向けてがんばります!!
by garland1992 | 2007-05-09 09:57 | Comments(0)