「ほっ」と。キャンペーン

我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

おひな様出しましたか?

桃の節句が近づきました。
今年は暖かいとはいっても この時期に出回る桃の花はムロで芽吹かせたものですから 寒さにあたると変色して咲かなくなってしまうことがあります。

っていうことで今年も・・・
d0050713_1074711.jpg

そういう訳で 可哀そうですがこの桃の花達は いけにえ 見本です。
お要りようの方はどうぞ店内まで・・・

店頭には相変わらず商品束がない我蘭堂です・・・・
by garland1992 | 2007-02-27 10:22 | Comments(4)

うれしはずかしスタバでデート。

毎週活け込みをしている飲食店さんから
「今週はたくさんお花を頂いちゃったのでお休みしてください」
との連絡があり 夕方から時間が空いたので 長女@我蘭堂とイオンに行った(イオン好き親子)

最近は 次女@我蘭堂より一緒に出かけることが多い気がする長女だが この日は一緒に スタバ でお茶したりしました。
d0050713_10374521.jpg

高校の制服を着た娘と二人でお茶をしている自分を客観的にみると、ちょっとドウかと思うけど
(ときおり会話の途中で無意味に「とうちゃんはねぇ・・」などと周りに聞こえるように折り込んでみる・・・) 

思えば去年の今頃 この娘もご多分に漏れず進学について悩み、毎晩深夜まで話をし 僕も学校へ足を運び担任の先生と話し合い 本人も苦しみ涙を流し選んだ学校に 今では毎日楽しそうに通って行っていることは決して当たり前の事ではないなぁと・・・・

大人から見れば 受験生特有のハシカの様な一過性の悩みにみえても当時の彼女にとっては 最初で最後の押し潰されそうなくらいのものだったに違いない。

そして僕自身も そのことで少し成長できたと思う。
つくづく親は子供と一緒に成長していくもんだなぁと思う。

「当たり前」でない毎日を積み重ねて 今日、ここで のん気にお茶を飲んでいる。

大事なものってやっぱりいつでも目の前にあるんだなぁ・・・
d0050713_11233489.jpg

by garland1992 | 2007-02-24 11:55 | Comments(0)

初見桜ひらくとき

「畑の桜が咲いたから明日とりに来い、市場の帰りでいいから」

との電話が入り、今日は仕入れの帰りに 大先輩である同業者兼生産者のTさんの所に寄ってその桜を戴いてきました。
d0050713_13493312.jpg

d0050713_13533549.jpg

ぷらんっと ぶら下がって花開くこの珍しい桜の名は「ハツミオウ」 毎年時期が来るとTさんから分けてもらい我蘭堂の店頭を賑わせてくれます、売り物ではありません・・・・

去年の今頃の記事にも登場しているこの桜とTさんですが どうやらこの桜を戴けるのは今年が最後かもしれません。
Tさんの「畑」兼「作業場」兼「寝床?」の周りには近年たくさんの住宅が立ち並び 「ここはこの世ではない!」と僕らが言っていた山小屋(?)の存続も危ういらしい・・・・

まぁ当の本人は仙人なので、また別の場所へ「あの世小屋」を移すだけなんだろうけど、僕らとしては遠くへ離れてしまうとしたらチョッと寂しい・・・・・

小屋の中におじゃまして そんな話や 山の話や熊鍋の話をきいてお茶をごちそうになってきました。
相変わらず元気な オトウサンで安心しました。

そこにいると時間の流れ方が違うので(この辺がこの世ではない所以)うっかりすると数年間(浦島太郎か?)たってしまうので 仕入れ帰りに納品が一件あることを伝え、車の全長ほどの桜の枝 2本を積み込み「あの世小屋」を後にします。
今度はいつ会えるかなぁ・・・・・

そして納品先っていうのは 実はタエビス。
d0050713_14341158.jpg

ma-さんの月命日の21日、Yさんからのお花を納めてまいりました。

ma-さん、こっちは桜が咲いたよ、そっちはどう?
by garland1992 | 2007-02-21 14:46 | Comments(2)

今週のウェディング

今週末は 当レッスンスタジオのレッスン生 Sさんのご子息のご婚礼がありました。
去年のお嬢様に続き 今回も我蘭堂にブーケのご依頼をいただきました。
バラを使うブーケのご依頼なので店内は「バラ祭り」状態、準備バンタンです!
d0050713_10394390.jpg


まずはウェディング用
d0050713_10223377.jpg

新婦さんからのご注文は カサブランカ、白バラを使ったセミ・キャスケードなイメージ。
カサブランカを使うと それなりの大きさが出ますので小さめのキャスケードとはいっても なかなか重量感があります。
新郎のブートニアもカサブランカなので大きめになりますが 今回の新郎は背の高い方なので
ノープロブレム!(うらやましい、内山@ちっさいおっさん)


そしてカクテルドレス時のブーケ
d0050713_10295928.jpg

こちらのご依頼は 淡い色のバラをmixしたラウンド・ブーケ。
ダーリン、マドレーヌ、ベルサイユ、ロジータベンデラ 等の品種をふんだんに使いました。
淡い色のmixなのでポップになりすぎず、でも可愛い感じです。

内山@我蘭堂 今回もがんばって製作いたしました、Sさん、このたびはおめでとうございます!!
by garland1992 | 2007-02-18 10:52 | Comments(2)

交通戦争

2月17日がくる。

昨年のこの日、当店の斜め前 僕の目の前で 僕が見ているそこで 小学校一年生の子供が事故で亡くなった日だ。

当日の天気は まとわりつくような小さな雨が降っていた
時刻も買い物客が多く往来する夕刻、車の運転をするものなら誰でも気をつける状況。
現に「その車」の運転手も速度を落として走っていたと思う。

納品する品物の積み込みをしていた僕は その後 絶望を目の当たりにする。

時間が止まってしまった。
いや、時間がとまってしまったのは その少年だけで その瞬間から絶望の時間が刻み始まったんだ。

119番に連絡をする
「救急ですか?! 消防ですか?!」
 
今現在、救急車がここにいても救えないことが判る僕は 更なる絶望を感じることになった。

夕方のこの時刻に ありえない静寂がそこに流れる
僕はもちろん戦争を知らないけれど そこの空気は戦場の空気だったに違いない

あまりに不釣合いな お祝い事の花を抱えたまま佇む僕は不気味なほど冷静にそれを感じていた。


見ていた者を含む 全てが被害者ともいえるこの出来事
交通戦争って言葉を思い出した瞬間だった。

その後 何回にも及ぶ現場検証、ドライバーの人はその日 手錠をかけていた。
事故を目撃した僕自身も 二時間近くの事情聴取をうけた。

被害者だらけの状況・・・・・

これはきっと本当の戦争にも同じ図式があるんだろう。

戦争と事故 絶望の種類に 深いも浅いも無いんだ。

せめてどうか ご遺族、事故関係者の心の傷が少しでも癒えていますように。

※関係者の方々へ
ご不快に感じる内容でしたら削除いたしますので コメントの場所か右のメールフォームにてご指摘ください。
by garland1992 | 2007-02-16 16:16 | Comments(4)

まさか 111歳のバースデー!?

今日はこれから「夜の街」へ納品に・・・・・・

ご注文の内容は 「バラ111本で!」

う~ん、久しぶりにバブリーなご注文。
本当は赤系の薔薇がよかったみたいですが なにせ いきなりのご注文ですから・・・・・
(我蘭堂は平素 赤薔薇をおいてません・・・・)

「お店にあるものミックスでいいです」って言ってくれたんで オレンジ系でご勘弁。
(それでもちょっと店の在庫が心細いので市場にその後手配、湯○さん、配達お世話様でした)

今度は是非、数日前にご注文くださいね、バッチリ真紅でキメちゃいますから・・・・
d0050713_19495651.jpg

by garland1992 | 2007-02-10 19:59 | Comments(4)

PCのハードディスクが厄をすべて背負ってくれたって事で・・・

節分も過ぎた事だし お休みの今日、厄除けのお札をもらいに 中山法華経寺にいって来ました。

特別 信心深いわけでは無いですが 前厄、本厄と二年連続で通ったこのお寺に 最後の後厄をお祓いしてもらってきました。

なんだか有名な 「中山法華経寺 荒行」の垂れ幕などが参道などに掲げられていて 普段より人も多く 賑やかな様子・・・・・
受付には 学生アルバイトなんかも何人か居て ちょっと不思議な感覚・・・・

そして受付した後 指示されたように つきあたりの本堂に向かうと すでに何人かが待っていました。
年格好からして同じ厄除けの方とは思えないので それぞれ様々な事情でここに居るのだろうなぁ・・・などと考えながら住職を待ちます。

思えば僕も長女が小さな頃、彼女の身辺であまりに不運な事柄が続いた時 妻と三人で長女を連れてお祓いに来た事がありました、そのときの事はどうゆう訳か 良く思い出せないのだけれど 妻と二人で非常に心細かったのだけは覚えています。
困ったときの・・・・って良く言うけど 出来ることならこの手の場所には お願いや頼みではなく 単純に お祈り やら 感謝をしに来たいもんですね。
長女は現在 元気に暮らしてますが なんとも切ない思い出であります。

10人くらいで一緒に祈祷してもらった後、厄除けの僕だけはもう一度 お祓いが有るらしく居残りです・・・・

ちがうお坊さんが来て 本堂の一段下がったところでもう一度ご祈祷・・・・

正座しなれていない 内山@我蘭堂の足が限界点に達する直前、お経は終了致しました。

厄年に関係なく 一年、二年と暮らしていれば 頭を抱えてしまうような出来事の一つや二つは起きるものです、そんな事を気にして行動力をセーブする事は まさに本末転倒に違い有りません。
それでも こうして たまには がむしゃらに走ってきたことで切らした息を整えたり 足元を確かめたりする事は 決して後ろ向きな事では無いと僕は考えています。

 お札もちゃんと一式貰ってきました↓
d0050713_0325013.jpg

さてこの厄年の出口、つまづかないで無事にくぐり抜けられますように・・・・
そして 僕のまわりの人たちにもどうぞ災いが降りかかりません様に・・・・・
by garland1992 | 2007-02-09 00:57 | Comments(4)

・・・・・さて18年1月から出納帳つけなくちゃ・・・・・

各方面の方々からご心配、激励を賜りましたが 当店のPCが無事に

すべてを失って」帰ってまいりました(号泣)

あらためて この記憶喪失のPCに 一から教え込んでいく覚悟ができました。

皆さんはどうぞ マメにバックアップをとる事をお勧めします・・・・・

いろいろ情報ありがとうございました。
by garland1992 | 2007-02-06 10:45 | Comments(6)

アルストロメリア祭りか?

d0050713_1650767.jpg

若干 ヤケ気味になって仕入れたアルストロメリアが店内を賑わしています。
今週末はアルストロメリア・フェスティバルです、いかが?!
by garland1992 | 2007-02-03 16:50 | Comments(0)

あぁ 無情

先ほどPCサポートの修理先から電話が入りました

サ 「いろいろご迷惑をお掛けしております、ハードディスクに不具合が見つかりまして・・・」

内 「けっこう掛かりそうですか?」

サ 「交換となりますので 税込みで四万九千・・・円になります・・」

内 「そうですか・・・(DE○LのプレーンなPC買えちゃうじゃん)」

   まだ事態の重大さに気づいていない 内山@我蘭堂。

内 「まぁ でもお願いします、データは移行できるんですよね?」

サ 「いえ、できないんですよ(交換だって言ってるじゃん)」

内 「Dドライブのデータなんかも無くなっちゃうんですか?」

サ 「そうなります・・・」

内 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



・・・・・・・・・・・・・・・ 冬の日本海を見つめに行く事になりました。
by garland1992 | 2007-02-02 13:52 | Comments(6)