我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ブログ更新しているお前も現実逃避組・・・

年末商戦の真っ只中 その忙しさに疲弊しきってナチュラル・ハイになった「カッチー@我蘭堂」が
現実逃避の為 忙しいさなか 折れたピンポンマムで作りだした「アフロダンスマン」・・・・
d0050713_21381432.jpg

まだあと3日あるんですよ・・・・気をたしかにして下さい・・・・

我蘭堂は そんな楽しい職場です・・・・
by garland1992 | 2006-12-28 21:42 | Comments(0)

まだまだ活躍いたします、このツリー。

店頭のクリスマスツリーが ニューイヤー・ツリーにお色直しいたしました。
d0050713_1223536.jpg

いよいよ年末商戦本番!・・・って言いたいところですが今日は雨・・・
このツリーに手を加える時はいつも雨だなぁ・・・
雨男(女?)のツリーです。
by garland1992 | 2006-12-26 12:30 | Comments(2)

さっそく お昼にいただきました。

今朝市場で、お友達の花屋さん Aさんに久しぶりに会った。
先日 お店へ一緒に来てくれた Aさんのお嬢さんから頂き物をした。
d0050713_1911249.jpg

・・・・・そうか、僕の誕生日が近いことを覚えていてくれたのか!!
そして「これは私から」という事で泡盛まで頂いてしまった。
d0050713_1994179.jpg

↑これは効きます・・・・

さすがに今日は暮れ商戦の仕入れがあるので助手席まで品物いっぱいの車内で 揺らさないよう、転がらないよう水平に気をつけて箱を運搬。

我が家に着き、冷蔵庫に入れる前にぶつけたりして無いか確認しようと思い箱を開けると・・・



d0050713_19143334.jpg

・・・・・やられた・・・おかしな親子だ・・・・・
ちょっと重いなぁ とは思っていたけど・・・(笑)

いえいえ、大好物ですもの、マジで嬉しいです。
(どうせ僕の好物は カレーとハンバーグとスパゲッティーですよ)

Aさん、ありがとう!
by garland1992 | 2006-12-25 19:30 | Comments(2)

MERRY Christmas to ・・

未明に 午前中納品のウェディング・ブーケの仕上げをしてから 今日は鉢物の仕入れに走った。
途中 高速道路からぼんやりと富士山が見えた。
冬の間は晴れているといつも同じ場所で見る事ができるので 今日も期待していたが、休日の割にはもう一つの見映え・・・・
ダメもとで写真を撮ったが・・・・
d0050713_1550228.jpg

シルエットが淡すぎましたか・・・写ってませんでした。
ごめんなさい、また挑戦します・・・

問屋さんに着き 発注していた蘭鉢5鉢とシクラメン数個を積み込み とんぼ返りです
(善香園さん、お世話様でした)
急いで戻って「イヴの花嫁」のブーケを納品しなきゃ。
d0050713_17461555.jpg

Sさん本日はおめでとうございます!御主人も絶対忘れない結婚記念日ですね。

今日は写真に縁がなくて ブーケの全体写真は失敗しちゃったのでアップの画像のみです・・
ごめんなさい(本日二度目)


そして我蘭堂 日曜日のイブ。住宅街の花屋といたしましては あまり売り上げに期待は出来ない曜日がらみです。
案の定 比較的落ち着いたイブを店内で過ごしております。

どうやら売れ残りそうな最後のクリスマスリース。
d0050713_1756388.jpg

自分にプレゼントしますかね・・・・・

どうぞ皆さん、よいクリスマスを。
by garland1992 | 2006-12-24 18:03 | Comments(2)

いつもと違うクリスマスを送る方にも・・・・

青色発光ダイオードの普及で 街並みのイルミネーションも青い光が増えました。
こうなると花屋でも青いアレンジを発信していかなくてはなりません・・・

白、赤、グリーンのクリスマス・カラーでまとめたアレンジもモチロン素敵ですが、青くきらめくイルミネーションに負けない 青いクリスマスアレンジも提案型として作ってます。
d0050713_177255.jpg

母の日に活躍してくれた 青いカーネーション「ライラック・ブルー」入りです。
by garland1992 | 2006-12-21 17:51 | Comments(4)

魂も研いでもらいました。

市場から仕入れの帰り、兄の経営する工場に寄ってきた。
d0050713_18463565.jpg

父の代から続いているこの家業は 現在兄が代表となり 父と二人で切り盛りしている。

今日はアニキにちょっと頼みがあるのだ、アレンジメントを作る時の吸水性スポンジを切り分ける際、フローリストナイフでは刃渡りが足りないので要らなくなった包丁を使っていたんですが いかんせん危ない!っていうかお客さんが来た時カウンターにむき出しに置いてあると絵面的にマズイ!

それ用のナイフも市販しているんですが、 家に有る少し錆びて使わなくなったモノをリサイクルしようと思ったわけです。
(パンを切る時の包丁って有るじゃないですか あれなんて言うんですか、我が家では名付けて『パンを切る時包丁!』・・・・・・・・・そのままだ・・・・・・・シュール・リーさんあたり、御存知でしょうか?)

そいつの刃の部分をグラインダーで削ってもらおうと思いまして 今朝 仕入れに出る未明に刃渡り20センチの「パンを切る時包丁」を新聞紙で包み、怪しい40男はそれを車の助手席に・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・なんか、まずくないか?!
・・・・・・捕まる・・・いや、捕まったらなんて言い訳しよう・・・・・
「いやっ、おまわりさん、僕はパンが好物なんですよっっ、いつでも無駄なくパンが食べられるようにこの『パンを切る時包丁』がぁぁ・・・」
「はい、はい、後は署で訊きますからねぇ!」
・・・・なんて事になる前に急いでアニキのところへ行こう・・・

事情を話し 早速兄はそれを加工してくれました。
職人の手であります。
d0050713_19504719.jpg

今ではすっかりネジ職人の域に達したその手で「パンを切る時包丁」は「オアシス・ナイフ」へと生まれ変わりました。
d0050713_2021826.jpg

もはや何人もいないであろう 足踏みのロクロでネジを切ることが出来るネジ職人の父から 兄が受け継いだ物は 必ずしも貴重な技術や揺るぎない「志」ばかりではなく 量産、効率の流れと微妙にずれていく 苦しみやジレンマが有ったと思う。
その家業を兄と実家に置き去りにして好きな仕事を続けてきた僕がうかがい知れる苦労はホンの少しかもしれない。

でも にいちゃん、僕のルーツはやっぱり そこに有るみたいだよ。
「作り屋」って 呟くだけで 体の何処かが ギュッとなるもの・・・・
 
by garland1992 | 2006-12-15 20:38 | Comments(2)

べるべっと しんく

最近 クリスマス関係の作品に重宝している花材「ベルベット・へーゼル」です。
実物は画像より若干 真紅な色合いです。
d0050713_1043345.jpg

プリザーブド処理してあるので水につけなくても飾ることができます。
ちなみに当店内のツリーにも使ってあります
d0050713_1049627.jpg

しかしコレ(ベルベット・へーゼル)っていったい何の植物なんですかね?
「べるべっと・へーぜる」って名前だって、加工か輸入かに関わった商社が付けた名前のような気がする・・・・

ちょっと調べてみたんだけどよく解りませんでした・・・・

意外と国内に昔から有る植物だったりするのでしょうか・・・・?
それとも本当に「べるべっと・へーぜる」っていうの・・・?
ベルベット属 へーゼル科 の「ベルベット・へーゼル」とでもいうの・・・・・?( しつこい!!)


・・・さて僕は何回「べるべっと・へーぜる」って言ったでしょうか?(正解しても何もあげません)
by garland1992 | 2006-12-13 11:17 | Comments(4)

これからも紡いで行くもの。

ここに何度も登場してきた「ma-」さんの七十七日法要(いわゆる四十九日ですね)があり参列してきました。

お店で御予約戴いていたその他の注文の製作、納品、発送準備を済ませ、「タエビス・スタッフ一同」名義の生花一対を載せ、お墓にお供えするお花一対と 件の リコリスを積み込み お寺へと急ぎます。
先ほどから泣き始めた空は相変わらず「半べそ」状態。
(降るなら降ってもいいっすよぅ・・・・どうせなら告別式の日みたいに景気良く派手にふらしてください、後で話の種になるくらいに・・・・)なんて、一人車の中でつぶやきます。

もっと早く到着したかったのですが、生花を本堂に納めて終わると殆ど時間ピッタリ。
いえいえ、僕にはまだまだ仕事が残ってます。リコリス植えなくっちゃ・・・・
途中、雨足が強くなりかけた時もありましたが Cさんとお墓の前に立つときは殆ど雨が落ちてくることは無く 二色のリコリスを二色づつ墓石の両脇に植え込みます。
何人かの優しさと関わりを 紡いで、つむいで この花を今日植え込むことが出来ました、改めて人との縁に感謝です。

お寺に戻ると住職もお見えになり法要が始まります。
親族の方、近しい友人の方に混ざり 内山@我蘭堂。
そしてお経が始まります。
ひょっとして今日の集まりのなかで僕は お付き合いしている年月が一番浅いのではないだろうか。
先ほども皆さんの話を聞いているとma-さんのことを本当によーく知っている感じが伝わってくる、当たり前だけれど。
それぞれ皆さんは 幼なじみであったり、同級生であったり、仲の良い従兄弟であったりするのかもしれない。
「仕事の取引先」なんていう利害が発生する関係からはじまった ma-さんと僕の間が こんなにも短い期間で こんなにも濃厚になったのはどうしてなんだろう。
年齢は近かったけれど最後までお互い ときおり敬語を混ぜて話していた僕たちは 決してなんの遠慮も無い 「ぶっちゃげた間柄」 にまでなっていたわけではないような気がする。
それでも現実に僕は あんなにも 深く、広い哀しみに つまづいて転んでしまった。

ぼんやりと そんな事を考えながらも法要は進み 納骨へ・・・・

真新しい墓石の横には先ほど植えたリコリスが
d0050713_2050352.jpg

ちゃんとお会いして御挨拶をしてなかったto-ma-to さんが声をかけてくれてあらためてma-さんが紡いでくれたご縁を確認できました。まだ2度しかお会いしてませんが ブログやら タエビスがらみやらでそれ以上の親近感・・・・・・

・・・・・・あぁ、そうか、僕がさっきお経を聞きながら考えていた事の答えがわかったような気がする。


ゆらゆらと立ち上る線香の煙は さながらma-さんが
「でしょ~、付き合った時間や きっかけなんて関係ないって!」
って言っているような気がした。
by garland1992 | 2006-12-08 19:51 | Comments(6)

コルクはどこだ!

長女@我蘭堂がバイトしている某コンビニから 「ボジョレー・なんたら」の3本セットになっているものを買ってきてくれた。
(売り上げ協力らしい・・・)
d0050713_175743.jpg

ハーフボトルのさらに半分くらいな感じの内容量。
ワインの事はさっぱり解らないが おいしく戴くのは得意。
さっそくあけて飲もうとした時、もれなく付いてきた「ソムリエナイフ」に目が留まった。
「おぉ、カッコイイからつかってみよう!」ってことになったんですが・・・・・
d0050713_17165025.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・スクリューキャップじゃーん!!
by garland1992 | 2006-12-05 17:23 | Comments(0)

地域密着の朝

今朝の我蘭堂は商店会のイベント「朝市」に参加です。
普段は主力商品では無いのですが 鉢物、花苗などを屋外販売してまいりました。
d0050713_194764.jpg

d0050713_18482163.jpg

我蘭堂雑貨部「クウレイ」も一緒に出店です。

モモンガのモンタ君まで来ちゃいました!!(ダレ?!)
d0050713_18523241.jpg

よろしかったら 松が丘バス通り商店会ブログ も覗いて下さいマセ。
(ものっ凄くガンバっている商店会です) 
by garland1992 | 2006-12-03 19:00 | Comments(0)