我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

季節はずれとお思いでしょうが・・・

いろいろご意見が有るでしょうが、実はこの時期にこそ本当に良いヒマワリが
出荷されて来たりします。
本来「キク科」の植物であるヒマワリが迎える本当の旬というのは
今頃なのではないかと私は考えます。

とは言っても、生産者の方もご商売ですから需要のピークを過ぎたこの時期に合わせて
作ることもできないでしょうし、我々花屋もどんなに良い状態のヒマワリであっても
「クリスマスが終わった後のクリスマスケーキ」状態(ゴメンね、ヒマワリ・・)とも言える
この花をご予約も無いのにたくさん仕入れるわけにもいきません。

ただ、本来季節とリンクしていくはずのこの商売ですから、需要と供給だけを追っていくのでは無く、多少季節はずれであってもこのヒマワリのように「手頃で良い花材」を
上手にプロデュースしていくのも我々プロの使命なんでしょうね。

      がんばれ、季節はずれ!
d0050713_18504068.jpg

by garland1992 | 2005-10-30 19:33 | Comments(2)

アシタハテンキ二ナレ。

先週末、兄の会社に泥棒が入りました。
作業場のガラスを割り中に入り、先日仕入れたばかりの材料をほとんど持っていかれたそうです。

金属加工の仕事をしている兄が仕入れた材料というのは、決して一人二人では持ち運べない重さとボリュームです。
当然歩いて持っていける筈もなくトラックを横付けして堂々と積み込んだに違いありません。

どんなときでも同じテンションのアニキが凹んだ様子を僕に隠しませんでした。
何より彼は個人的にも大変な事ばかり起きていた矢先でしたから。

僕の仕事も含め、ご多分に漏れず不景気をまともに受けている兄の仕事というのは、
かつて父から引き継いだ家業、そして次男である僕が自分の好きな仕事をする為に
実家に置いてけぼりにした家業であります。

子供のころは険悪だった僕ら兄弟の仲は今ではまるで「老兄弟」のようにいたわりあう(笑)仲になりましたが、それは今まで彼が長男というだけで一人で「かぶって」きた沢山の事,
次男というだけで「降りかからなかった」いくつかの事を僕がやっと理解できるようになったからですが、今回の災難にしても全くもって彼に責任が無く憤りを覚えるばかりです。

警察が来て色々調べていってくれたようですが、きっと犯人が捕まる事は無いんだろうなぁ・・・
検挙率「がた落ち」しているらしいからなぁ。

割り食ってばかりいるアニキの大逆転はいつ始まるのだろう。
無力な弟は祈るばかりです。
by garland1992 | 2005-10-25 10:54 | Comments(4)

今週末のウェディング・オーダー。

新郎新婦とも大変お若いお二人です。こちらも負けずに頑張ってつくりますよ~。
まずは挙式用のブーケです。
花嫁さんのご意向は「少し揺れるようなシャワースタイルのブーケを」ということで、動きの出やすいグリーン「ミスカンサス」をアクセントに使いながらも挙式用なのでフォーマルさを失わせないように・・・
d0050713_1858196.jpg

カクテルドレス用ブーケのご希望は「カラーの花を使って赤を基調に」という事でした。
ちょうどいい色のカラーを仕入れる事に成功!スプレーバラ、デルフィニュームで小さめのラウンドに。
d0050713_18581473.jpg

新郎のお父様から
「無事に終わったよ、ありがとう」
とのご連絡をわざわざ頂戴いたしました。
そういえば新郎のお父様、お母様は式の直前まで風邪で寝込んでいらしたそうですが、大丈夫だったのでしょうか?
ご両親といたしましても、人生の節目に季節の節目とが重なり何かと感慨深い日々だったでしょうね。
私と致しましても、そんな節目を飾るこの花屋家業、これからも精進してまいります!
風邪が流行っております、皆さんどうぞご自愛くださいマセ。
by garland1992 | 2005-10-23 19:26 | Comments(4)

早朝の不審者?

d0050713_1535329.jpg

今朝は大田市場の帰り道、時間があったので、他店のウインドディスプレイをのぞきにいってきました。たいがい見てくるお店は決まっているのですが、写真の「サ○フローリスト」さんの後にいつも見に行っていた、某大手フローリストはお店をたたんでいました。
ショック・・・・・・・。
by garland1992 | 2005-10-19 15:35 | Comments(2)

「我蘭堂」出張です。

パッチワーク業界に名を馳せる、細谷啓子先生の主宰する教室「リトルバスケット」のキルト展がこの週末に有るということで、今回も我蘭堂にご注文を頂きました。
d0050713_15363147.jpg


今回の現場は「北千住」です。イベント会場もすごく新しくてキレイ!
搬入口も、警備の方もしっかりしていて凄く「好印象」!
d0050713_15331237.jpg

さて荷物は11階のイベント会場まで運びました。
いざ活け込み開始!!
d0050713_1533451.jpg
d0050713_15335493.jpg

出来上がるまでしばしパッチワークの芸術を御覧あれ。
d0050713_15553859.jpg

200cm×180cmの大作です。
d0050713_1556574.jpg

素人の私でもこの作品が仕上がるまでの苦労が理解できます。
迫力さえあります。
d0050713_1559446.jpg

↑先生の作品のブースに作ったメインのフラワーデコです。
d0050713_1615099.jpg

d0050713_1622212.jpg

↑エントランスのウェルカムフラワー。
d0050713_1610179.jpg

あちらこちらにデコレーションさせていただきました。
イベントは17日(月)まで「千住ルミティス一番館」にて開催されています。
キルトに興味が有る方でお近くの方は行ってみては?!
by garland1992 | 2005-10-14 16:16 | Comments(0)

これもDNAが起こす神秘でしょうか?

写真は同じ生産者、同じ品種、同じ入荷日の百合です。
ちなみに品種は「ソルボンヌ」。
正直ビックリしたのですが同じ品物でも管理の仕方によってこんなに色の出かたが違うんですね。

右の薄い色がでたソルボンヌはキーパーの中に入っていたもの。
左の綺麗なピンクが出ているのは、お解かりのように「水が下がって」います。
じつはこの左の百合はキーパーの外に置いておいた、しかも桶の水についていなくて「枯れかかっていた」ソルボンヌです。写真では判りにくいですが、つぼみにさえ、すでに色素が強くでています。
キーパーの中より常温の方が色々な面で良い事は承知していましたがこの違いは何でしょう?

私が考えるにこの綺麗に色づいた百合は「このままでは水がなくて枯れてしまう!」っという種の保存の危機にさらされた本能が、交配の為、虫を集めなくてはならないという危機感から生まれた「色付き」なんではないでしょうか?

いずれにしても20年間この仕事をしている私でさえ説明がつかない事をしでかす花たちは、やっぱり神秘です。
見識ある方のご意見を是非、聞いてみたいです。
d0050713_1302965.jpg

by garland1992 | 2005-10-07 01:30 | Comments(9)

我蘭堂の雑貨部「kuulei~クウレイ~」をよろしく!

以前より少しずつ進めてきました我蘭堂雑貨部「クウレイ」の、ホームページが
ついに旗揚げされました。
生花とのコラボ商品等、これからどんどん展開していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
担当 内山@kuulei (♀)
クウレイのHPはこちら
d0050713_17452291.jpg

by garland1992 | 2005-10-04 17:41 | Comments(0)

「美容室タエビス」活け込み第5弾!

今回のテーマは「Trick or treat」です。

使用花材  洞山つつじ(着色黒)、ピンクッションフラワー
フーセン唐わた、ブプレリューム、フジバカマ、スプレーカーネフレア  他。
こんな時の為にとっておいた洞山つつじの枝を、お店の横で黒く塗装いたしました。(スプレーで塗ったのですっかりラリっちゃいました)

洞山つつじの黒い枝で「ハロウィンの夜」をイメージさせ、カボチャをメインに使って、お菓子のオーナメントで「いたずらされたい?それともお菓子をくれる?」と言って廻るハロウィンの子供たちをイメージしました。

今回のご出演は「中○さん」ですが、ん~~なんてハロウィンが似合う女性なんでしょう。ステキです。
「ベスト・ハロウィン賞」受賞です!(迷惑?)
d0050713_1318671.jpg
d0050713_13182436.jpg

by garland1992 | 2005-10-01 13:20 | Comments(4)