我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

リコリスに誓おう

【リコリス】
リコリスは、代表的な夏植え球根で、ヒガンバナもこの仲間です。
学名のリコリスというのは、ギリシャ神話に登場する
「海の女神」
の名前に由来しています。


================================

リコリスが好きだった ma- が亡くなって もうじき2年になる。
僕は 今年中に 彼の満年齢に追いつく事になる、縮まるはずの無い年の差が なくなるのだ。

海の女神の名前に由来するその花を 彼が好きだった理由は ma- が海好きだっただけではなく そのほかにも有った。

Cちゃんから 「その花」を ma- の眠るお墓の傍らに咲かせたいからと 球根の注文をもらったのは 2年前の初冬だった。

リコリスの球根を植える時期は過ぎていて 花屋の僕が リコリスの球根を探しても 見つからない状態だった。
大きな園芸コーナーや、ホームセンターなんかを探しても売れ残りさえ見つからない、
Cちゃんは 「来春でいいから・・・」と 言っていたけど 近づいていた納骨の日にまでは 見つけて植え込みたいと思っていた。

あきらめかけた頃 取引のある 園芸問屋さんが 事情を聴いてくれて すぐ隣りにあるお寺さんの敷地内に咲くリコリスを 
「掘り起こして おすそ分けしてもらいましょう、大丈夫、そういう事情だって説明するから。来週になったら いらっしゃい」
と言ってくれた。

約束の朝、あらためて伺うと ちゃんとプロの手で鉢揚げ(球根をむき出しにしてあるのではなく 傷まないように植木鉢に植え替えてある状態)してくれてあった。
形だけでもいいから 納骨の日にお墓に植え込みたいと考えていた僕は  
売れ残りの植木鉢でもなく、
倉庫で眠っていた干からびた球根でもない、 
お寺さんのそばで 沢山のお経を聞いて育っていたであろうリコリスの球根を手に入れることが出来た。
しかも ma- のことを 何も知らない人達の 優しさで鉢揚げされたリコリスだった。


そして僕は 四十九日法要の日 ときおり泣き出す天気の中 その球根を植えた。




一年が過ぎて 2007年秋。
去年は気づかなかったけど 霊園の敷地内には リコリスがあちらこちらに咲いていた。
ma- がリコリスをキレイだと言ったのも ma- の近しい人が眠る場所に咲く 沢山のリコリスを見たときだと Cちゃんから聞いた。

リコリスを 好きなもう一つの理由は なんとも せつない そして 皮肉な理由だと想うのは いけない事だろうか。
そして くしくも その季節に ma- は 亡くなったんだと確認した秋だった。

しかし ma- の リコリスは とうとう咲かなかった。
みんなの 心にある ぬぐいきれない違和感を 感じ取っているかのように ma- のリコリスは咲いてくれなかった。
でも 枯れてはいない、あの伝説の一周忌法要の日、ma- のリコリスから 芽が出ているのを確認した。
それでも 球根は 葉を伸ばすだけで とうとう花が咲くことはなかった。
僕に出来たことは ma- の写真飾りのアレンジメントに 仕入れた切花のリコリスをたくさん活けることだけだった。



そして また 季節は巡る。

あいかわらず 僕は 答えの出ない毎日、いっぱいいっぱいな日々だけど 時々訪れる 素晴らしい一日に備えて なんとか暮らしている。

花屋は 季節にからんだ仕事だ、 なんとなく季節に追っかけられているみたいで カッコ悪いけど 忙しい毎日だ。
気がつけば お彼岸商戦も 今日の午前中でほとんど終わり。
配達に出たついでに 足を伸ばして ma- のお墓に行って来た、お彼岸のお中日ですから。

あいかわらず なんの用意もせずに ぶらっと顔を出しに行った。

一緒について来た 次女@我蘭堂とふたり 桶をもって墓前に立ったとき 同時に声を出した。

「あっ!」
「あっ!」

d0050713_18123912.jpg

2年越しの祈りを込めた その花は 今にも咲こうとしていた。

「あっ、そうだ」
d0050713_18162116.jpg

周りを見渡すと あちこち咲き始めている。

リコリスの季節は もう来ているのだ。


僕らが 友達を失くした喪失感とか ぬぐい切れない違和感が 消えた頃 この花は咲くんじゃないかと想っていたけど
きっと それは正しくない。

残念で、悔しい気持ちは きっと まだまだなくならないだろう。

それでも ma- は 素晴らしい友達を紹介してくれた、僕たちもその繋がりを 手繰り寄せた2年間。

「時間が解決すること」って やっぱり有るんだろう。
比較的丈夫なリコリスだ、 植え替えた二年目に花をつけることに 特別な意味合いや思い入れを持つことは 
センチメンタルでしかないかもしれない。

でも 

三回忌を迎える この秋、ma- のリコリスは花開く。

また ひとつ ケリをつける秋。



マネージャー、見てるよね  リコリス咲いたよ 


僕らは まだまだ ここで頑張るよ。 
by garland1992 | 2008-09-23 18:09 | Comments(6)
Commented by サイトモ at 2008-09-24 20:27 x
咲きましたねぇ…
Commented by hide at 2008-09-24 22:46 x
咲かせましたかねぇ・・
Commented by ちぃぱっぱ@携帯投稿 at 2008-09-24 23:23 x
きっと咲く・・・って信じてました。

うっちぃ、ほんとにほんとにありがとぉ。

。・゚゚・(>_<)・゚゚・。
Commented by ウッチー@我蘭堂 at 2008-09-25 13:58 x
>サイトモちゃん
咲いたね・・・
サイトモもずっと見守ってくれてありがとうね。

さて、今年も10月が来ますよ。
Commented by うっち at 2008-09-25 14:00 x
>いっちん
咲かせてくれたんだろうねぇ・・・
いっち、ありがとうね、ほんとうに。
Commented by うっちぃ at 2008-09-25 14:02 x
>ちいぱっぱ@お待たせしました、咲きました 殿
あらためて ずっしりとした2年間を感じます。

そして10月へ。