我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

パワー オブ フラワー

昨日は ちょっと 手術の立会いをする必要があって ある病院に行って来た。

命にかかわるような 病気ではないんだけど 三度目の手術とあって ちょっと時間がかかるらしい。

立会いといっても 当然 手術室に入るわけじゃなくて 何かあったときの為に 待機しているだけなんだけどね。

I市にある 大きな病院は 各階にラウンジが有って 大きな窓と くつろぎのスペースが作られているんだけど、
僕が 待機するように言われた 手術立会いの人が待つラウンジっていうのは ロッカーとソファー
隣の病棟しか見えない開かない窓 だけの場所だった。
d0050713_12535662.jpg

ここで 僕は 結局 計7時間待つ事になるんだけど 予定の6時間より過ぎてからの 1時間っていうのは けっこうなヴォリュームだった。

別段 心配のない 手術の立会いでさえ そう感じるのに 生死をさまよう手術をしている最中に 立会いの人が この場所で過ごす時間は かなりキツイと想像する。 


掲示板に 貼られた 手術中に対する説明のプリント・・・・・
カンファレンスルームのドア・・・
窓から 景色は見えない・・・・
無機質な空間・・・・

なにか 訳があって こうしているのかなぁ・・・・・
衛生面の 問題でもあるのかなぁ?


ちょっと 息苦しい感じがした。




花屋を していると むしろ そう 感じる瞬間って 少なかった気がするけど
一輪でもいい 花を 飾ったら 違うんじゃないかなぁって・・・・・

そう 想った。

決して 花屋だからじゃないんだ

そう想ったんだ。
by garland1992 | 2008-04-23 13:24 | Comments(2)
Commented by sanasanaji-ku at 2008-04-23 23:09 x
それは、きっと、無意識に、花に囲まれていることが、
当たり前になっているんですよね・・・
そんな感覚です・・・その一輪に、花屋を関係なく、
一瞬を奪われることがありませんか?
Commented by 内山@我蘭堂 at 2008-04-24 16:54 x
>sanasanaji-ku
「ここに花があればいいのに・・・」ってさぁ、あんまり思わずに ここまで来た気がするよ、だから貴重な経験だったよ、あの感じ。
すこし弱った心には 特に けっこう力を発揮するんだってことが分かったよ(遅っ!)