我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

生意気だったあの頃に

この仕事を覚える前、音楽をかじっていた時 上田正樹が 大好きだった。
彼のバックボーンである黒人音楽そのものも好きだったし興味があったけど
「本物に近づきたいとしている人のやっている音楽」
という物に 僕は特別な感情移入があった。

上のリンクした映像は多分25年くらい前のものだと思うんだけど ちょうどその頃 上田正樹本人と会って話をする機会があった。

「悲しい色やね」で出てきた上田正樹しか知らない人は 大阪出身の新人のおっさんだと思ったかもしれないけど 伝説のバンドのヴォーカリストだった彼がばっさり髪を切って しらばっくれて歌謡曲を歌っている姿は 賛否両論だったはずだ。


「悲しい色やね」が 発表される前 まだ「大阪ベイブルース」って曲名でその曲が演奏されてたとき 彼と会うことが出来たんだけど 
「今度、夜のヒットスタジオでるからな、みてや」って僕に言ってくれた彼は その日 事務所に内緒で シークレットライブをしに 知人のライブハウスのオープン記念の営業(?)にきていた(これ、やばいかな、でももう時効だね)

その後 この曲がブレイクして 上田正樹がナンボのモノか思い知らされるような音楽が やっとまた聞けるようになったんだけど しかし、上のリンクの映像、
何時頃の時間帯の どんな番組のものか分からないけど
当時、受け入れられたのかなぁ・・・・
僕からしたら 鳥肌ものなんだけど、どうだったのかなぁ・・・・・・

「凄いけど、ここでやってどうなの?喜ばれるの?」
これは 僕の仕事でも まったくおなじ図式が起こりうると思う。

結局「キャッチー」と「マニアック」そして「自分のカラー」と「お客さんの好み」との 
狭間で葛藤を繰り返していくんだなぁ・・・・・
それでも 良いものはやっぱり受け入れられると信じたい、いや、信じていくんだ。

そして 進化する勇気 と 変わらないでいられる勇気を 持っていたい。
決して それは 相反するものではないと 想うから。
d0050713_13154661.jpg

by garland1992 | 2007-11-27 12:46 | Comments(4)
Commented by sanasanaji-ku at 2007-11-28 23:03 x
音楽のことは、良く分からないけど
25年前に、受け入れられたんでしょうか?
たまに、「わがまま」歌いますけど・・・
伝説のバンドボーカルだったなんて知らなかったなぁ。
Commented by 内山@我蘭堂 at 2007-11-29 19:16 x
>sanasanaji-ku
すっげかったんだよ、上田正樹とサウス・トゥ・サウス・・・・日本人じゃねぇっ!って思ったよ。
今の上田正樹がイヤだという事ではなくて、なんていうか、俺は本物に憧れている状態、まだ届いていないっていうか、そういう状態ってのが すごく尊いと想うんだよね。

俺は「偽者美学者」だから。
(上田正樹がそうだといっている訳ではない) 
Commented by ぷち at 2007-11-29 22:13 x
いつも、真面目な?お話しの時に拝見していて、今時こういう方がいるのね・・・と嬉しくなります♪
そうですねぇ、進化しつつ、日常に慣らされてしまうことなく あるがままで居たいものです。
以前、「周りの感覚に合わせるのではなく、周りの意識レベルをも変えてゆけるようにしないと!」と、ある方に言われたことを想い出しました。
「求められるもの」だけ追っていては、先に進めませんものね・・・。




    
  
Commented by 内山@我蘭堂 at 2007-11-30 12:19 x
>ぷちさん
こんにちは!
>>「求められるもの」だけ追っていては、先に進めませんものね・・・。
あぁ、これです、ほんと、これ。
でもこれが過ぎると 商売にならないし、単なるエゴだし・・・むずかしいっす。

取り留めの無い内容に コメント頂きありがとうございます。
まじめな話かどうかは別として、花のことから 個人的なコアな話(私生活を晒しているともいう)、プリンのこと、エ○い内容まで 幅広くお届けして参ります(笑)
またコメントまってます。