我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

これはフィクションです、ホントだってば。

朝、お店の前を掃除していたら なにか光るものが落ちていた

どうやら硬貨らしい、うちの店と道路との境目に落ちている

うーん、我蘭堂前もちょうど渋滞していることもなく 誰もその硬貨に気付く者は居ない 近くに人も居ない

しかし いきなりしゃがんで拾うのは不自然過ぎる、どうしたものか。

そうだ、右手に持っている ホウキをパタンと落とし
それを拾う際に一緒にその100と刻まれた硬貨を拾い上げよう

ふっふ、それで 完全犯罪成立だっ。




はっはっはっ、この暮れに来てアブク銭を手に入れたぞ
警察になんか届けないぞ

ネコババしてやるぞ。


はっ、でも待てよ、こんなことブログに書いて、ヤバい事になるのか?
ついにこの「我蘭堂バックヤードへようこそ」もブログ炎上か?
Yahooトピックスに載っちゃうのか?
そして謝罪文掲載して ブログ閉鎖に追い込まれるのか?



でも ちょっと待てよ、この百円玉が 僕の百円玉の可能性も否定できないぞ
なんてったって拾得場所は我蘭堂敷地境界上なのだから。

よくみたら 僕の百円玉に良く似ているぢゃないか
色と言い、大きさと言い、手触りなんかもそっくりだ

「100」って書いてあるところなんかも 僕の百円玉とウリ二つぢゃないか!

そうか、これは僕の百円玉に違いない、出て行ったものが帰ってきただけなんだ そうなんだ。
おかえりぼくのヒャクエン玉。

いや、ちょっと待てよ
我蘭堂前は バス停じゃないか、バスに乗る人が財布を出した際に落としたと考える方が
僕の小銭だらけのポケットから落ちるより 遥かに統計学上確かではないのか?

いけない・・・・

ネコババはいけない・・・・

かといって この 僕の百円玉そっくりの百円が 誰のモノなのか確かめる術は 
現在の技術革新を持ってしても実現不可能だ。

そうさ、ムリだ・・・・

しかたない

やむを得ない

残された方法はたった一つだけだ

恵まれない方に捧げよう、それしかない・・・

恵まれない方に・・・・・・・・・・




















・・・私です。 ←(ネコババ決定)
by garland1992 | 2013-12-14 13:18 | Comments(0)