我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

Time will tell



三十代未満の人には「宇多田ヒカルのお母さん」という認識だけだろうと思うけど
藤圭子さんが亡くなりましたね。

自殺なのか事故なのかはハッキリしてないけど、自由奔放に生きた半生をTVが振り返ったりして
なんとなく自殺ってことになっちゃってるよね。

いずれにしてもご冥福をお祈りいたします。


「宇多田ヒカルさんは沈黙を守っている」って言ってるけど 実母を亡くした その本人から 
いったいどんなコメントが取れればマスコミとその周りは満足なんだろうね。

「宇多田ヒカル」については ここに書くまでもないくらいみんなよく知ってると思うけど、そんな彼女が、数年前に「人間活動に専念する」って言って 無期限活動中止を決めた時のコメントに

「このままではフツーのおばさんになれない」 みたいなセリフがありましたね、不確かでごめんなさい。

生まれた時から 芸能家族の中に居て、そして 同じ人と5回も結婚をしたりする 決してフツーとは言えない母親と過ごしてきた彼女が 「フツーのおばさん」になれない事に危機感を感じるという 
そのセンスが、僕は彼女の非常に優れた ずば抜けたセンスだと思う。

前にも書いたことがあるんだけど 僕は才能ってのは 感性の幅の広いことだと思っている
空を飛べるけど歩けないのも 歩けるけど空を飛べないのも どこかで「同じじゃないか」って思ったりする

もちろん同じじゃぁないけれど その両方を持ってる人こそ才能が有ることだなってオモウ。




十代の女の子とは思えないあのグルーヴ感で鮮烈デビューをしてヒットを飛ばし続けて 

大病をして 

結婚をして

離婚をして


そんな中で フツーにこだわって第一線を離れて。


そんな ずば抜けた フツーの感性を持っている彼女が どうやって幸せに過ごしていくのかは
彼女が歌っているように

「Time will tell」 なんだろうな と思う。
by garland1992 | 2013-08-25 11:09 | Comments(0)