我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

丸坊主のおもひで

某アイドルの丸刈り映像が話題ですね・・・

僕は名前も知らないアイドルだったんだけど やっぱりちょっとした違和感を覚えました
だっておりしも「体罰」が問題になってるこの時期に 
たとえ自分でやったにしても ありゃぁスゲーな・・・って。

っていうかさ 「自分の意志で坊主になった」って言えるのかね あの状況・・・・





丸坊主にさせられた っていうと 思い出さずにはいられない出来事があるんだよね・・・


当時中学生だった僕は 決して生意気な中学生だったわけじゃなかったけど理不尽な校則等には従わない生徒で 頭髪の校則で「男子の前髪は眉毛に髪がかからないように」と言う校則を守れませんでした
その理由は「女子はその限りではない」というのが 納得できなかったからでした。

なぜ前髪を短くしなければいけないのか?という僕の問いに 当時の先生達の答えは

「眼が悪くなるから」という事だった

「じゃぁ 女子は眼が悪くなってもいいんですか?」

と言おうとすると その言葉を言い切る途中で平手打ちされたりした


今にして思えば 先生達にもそんな僕の屁理屈をねじ伏せられる 明確な答えってのは無かったはずで 
「中学生らしさ」とか「男の子らしさ」とか「女の子らしさ」とか そんな掴みどころのない形容詞を振りかざして治めとくしかなかったんだろうね。






校則なんてぇのは 理不尽なほど意味があるわけで 
その理不尽でむちゃくちゃなキマリにでも従える「はみ出さない性格の生徒です」っていう
踏絵だったわけだよね。


でもって その踏絵を まんまと拒否した僕は その後 ホームルームの時間に
教壇に座らされて 自分のクラスだけでなく 他のクラスの生徒まで見守る中 担任の先生によりバリカンで丸坊主にさせらたわけです。

ナチスです・・・

戒めです・・・

恐怖政治ですわ(笑)



そんな思春期をモヤモヤと生きる清らかな心を持った内山少年に←(自分で言ったよ)
そんなアウシュ〇ッツな教室は 大きな影を落としたわけで
その結果、こんな屈折し、中二病をこじらせた中年男が出来上がっていくわけです(笑)



そうそう、
その後、中学を卒業した僕は 頭髪のうるさくない、制服も無い自由な高校に入学し
反動で狂ったように髪を伸ばし ヘビメタ少年へと加速していったのでした・・・



あれ、なんの話してたんだっけ?
by garland1992 | 2013-02-02 11:18 | Comments(2)
Commented by 花惣 at 2013-02-02 16:16 x
こんにちは!!

>あれ、なんの話

えっと、ヘビメタと様式美について
だったと思います(笑)
Commented by 内山@我蘭堂 at 2013-02-02 19:15 x
>花惣さん
・・・・・そうそうそう・・・・アイアンメイデンの話とアンガスヤングのヘッドバンギングは様式美だよね・・・って言う話を・・・


・・・・・してたっけ?(笑)