我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

帰ってきた びんぼーボックス

2011年に一世を風靡した←(?)「びんぼーボックス」ですが、その後ブームも去り
日本で只一人のびんぼーボックス職人である私も ひっそりと静かに暮らしておりました。

ときおり街中で
「ひょっとしてびんぼーボックス職人の内山さんじゃないですか?」 

などと尋ねられると

「い、いえ、人違いです・・・・」 などと偽り、そそくさと逃げるような日々が続いたもんです←(ばか)

人里離れ 松が丘村で平和に暮らし 静かな日々を噛み締めるように生きておりました



がっ、


かつてのお客様が 日々変化する生活に合わせた 
新しいびんぼーボックスを欲しがっているとの噂が・・・←(そんな噂ありません)


いえいえ、わたくしはもう、その道から足を洗った身・・・・・
もう 二度と作らないと決めているのです←(そうしてください)



でも、そうですか ←(あっ)

やはり あの、時代が求めたアースコンシャスなエコファニチャー、
びんぼーボックスがどうしても必要だというのですね←(言ってないですby カッチー)

分りましたっ、そんなに言うなら・・・・←(言ってない) 
















作りましょう!

d0050713_16254187.jpg

水がはねる所での使用なのだが 職人にぬかりは無い。
天板は梱包テープによるウォータープルーフ仕様になっている←(びんぼうくさいです)

特殊な床板のデザインはクライアントのご意向を120%反映したカタチだっ←(びんぼうくさいです2)
d0050713_1628183.jpg
ブログをご覧の皆様だけに特別、原材料を教えちゃいましょう

秋田県うご産のトルコギキョウ箱で作られております←(そんな情報要らないです)



カンペキな仕上がりに 悦に入る「帰ってきたびんぼーボックス職人 内山」


そんな 職人に 帰宅した娘は言った・・・・・・





















「とうさん ヒマだったの?」




・・・・・・・・・・・・・・・「はい。」
by garland1992 | 2012-10-29 17:10 | Comments(0)