我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

カタチは変えても

思えばちょうど7年間続いたお仕事でしたが、美容室Taebis3店舗へ 月初めに納めていた
「毎月オリジナルなアレンジの製作、納品」のお仕事を 今年4月分の納品で終えました。

今後は各店舗の店長や美化担当のスタッフと相談しながら 色々な形で装飾とか、ギフト等々で
今まで同様、Taebisの花部として あいかわらずエラそうに口を出していきながら(笑)役に立てたらなぁと思ってます
なにかを続けていく事には「見直し」がセットでついていなければいけないからね。

とりあえずは 月に一度だけだった納品を小さなアレンジで二回に分けて納品し、
中旬以降もお花をながめてもらえるようにしました。

今日は その中旬分の納品を仕入れ帰りにいってきました
d0050713_15101246.jpg
これは 北習志野店のやつだったかな・・・・
今までのような あっと驚くようなアレンジってわけにはいかないかもしれないけど、
そっと 花を添えるっていう意味ではお役にたてるでしょう。


先代の社長であるma- とはじめてサシで飲んだ夜の約束から始まった先の仕事は、実に7年間、
正確な回数としては83回、毎回違うアレンジを納品してきました
出来映えは別として、創った本人としては生みの苦しみをして創った月もありました。

「才能の無さ」 とか 「センスの枯渇」 とか 「どっかで見た事あるようなデザイン」 とか
自分のなかで ぐるぐると聞こえてくるモノを 振り切って創っていた時期もありました、苦しかった。

それでも だからこそ 本当に成長させてもらったなぁ っと思えるお仕事でした。


かつて その夜 ma-氏 が 
「内山さんに任せるから、毎月のそのイメージで作って、
それでその花のテーマを書いて添えて持って来て!」 
っていうことで始まったんだけど
今思うと その時はよく意味が解ってなかったです・・・

それを見たスタッフが どう動くか とか その花を挟んだ スタッフとお客さんの距離感とか スタッフである美容師さん達の「美」への関心であるとか、これは決して彼を買いかぶるとか深読みとかでなく 本当にその辺を見据えていた依頼だったんだなと その後気づきましたね、ほんとたいした男です。


彼の期待にどのくらい答えられたのかは 今となっては分りませんが 
これからもyoko社長はじめスタッフみんなと相談して 少し形をかえながら
「花を添えて」いけたらいいなと思います。


それが Taebis出入り業者イチ態度のでかい花部、我蘭堂の仕事だなと・・・・


だって、我蘭堂が扱っているのは「花材」だけではない と、そう想っているからです

もともと そういうご依頼だったはず・・だからです。

 
by garland1992 | 2012-06-20 16:48 | Comments(2)
Commented by hide at 2012-06-21 01:06 x
ん!
納得!
Commented by うっち at 2012-06-21 09:15 x
>いっち♪  お久しぶりのコメねん(はーと)

この仕事ね、はじめma- がヒロスーに「まあ、見てなって!」って言ったんだって。

あとね、オレね前から思ってるんだけど、こういう「自分のお得意さんとの立ち位置」っていうか「距離感」って、すっごくいっちの影響うけたといえるね。
おかげでma-の依頼の本当の意味に気付けました、いつもありがとね。