我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

オンナジキモチデ。

僕でさえ まだどんよりとした夢をみて目が覚めることがある

彼のそれは 僕の比ではないわけで。

娘を失ったという悪夢のなか、目を覚ますたびに それが現実であると確認させられるんだろうな と。

苦しいだろうな と。




これから それなりの時間が経って 

少しずつ生活も戻っていったとして 

いつかクスッとでも笑える日が来たとして 

彼と家族の日々の中に ささやかな良い日が有ったとして 

そんな日に、そんな日こそ そこに「居ない」ってなって苦しいのだろうか って。




いやぁ つくづくほんとに なんにもしてあげられないもんですねぇ・・・・
花をあげるわけにもいかない訳ですよ、相手は腕の良い花屋ですから、ははっ。



ただ いつも通りに 今まで通りに 今までの距離感で居るしか出来ないわけです

それさえ それで良いのかも分からんわけです

無力です。
by garland1992 | 2012-06-13 19:58 | Comments(0)