我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

新年にふさわしい記事だと思ってます。

我蘭堂の開業時からお世話になっている印刷会社さんから 
去年末もいつも通りアレンジメントを頼まれて届けた。

その印刷会社さんは 僕が独立前に住んでいたアパートの近くにあり
年配のご夫婦が中心で営まれている印刷会社さん。

開業時に我蘭堂のロゴデザイン原案をデザイナーさんに手直してもらう手配をはじめ 
ハンコやら印刷物一式などをお願いした会社でした
失礼な言い方だけど 僕の親くらいの年齢でいらっしゃるのに非常に柔軟なセンスと 
妥協しない心ある対応で 印刷関係において全幅の信頼を寄せる社長さんと奥さんです。

とくに社長さんは 非常に温和な雰囲気とその通りの人柄であっても 厳しさをきちんと持ち合わせている方で
以前お邪魔しているときに 別件の仕事上で何かしらのトラブルの電話が掛かってきて
僕の居る横でその電話のやりとりをしていて その処理の対応に心を打たれた経験がある。

迷惑を被ったことを 責めるでなく 泣き寝入るでなく 諭すように 厳しく 相手に指示を促すその様子は
僕の理想の大人像であった。

まだ 一歳だった長女を抱っこしながら 打ち合わせに来ていた僕は 
気が小さいくせに カッとなりやすい自分と対比し
歳をとったら 「そう在りたいもんんだなぁ」 って想ったものでした。

ここ最近、うちが頼む仕事は 名刺の印刷くらいのものだったんだけど
そんなことから 20年のお付き合いになるその会社に この暮れもお花を届けた
僕は店を空けられなかったので カッチーがお届けに行った

そして カッチーが有るものを預かって戻ってきた
d0050713_12241011.jpg
名刺の版下。

どうやら 印刷機の故障があり、これを機に大幅に仕事を縮小するらしい
たぶん、たぶんだけど 引退を考えているんだろうと 思った。

名刺の印刷もしていた機械だったらしくて、迷惑が掛からないようにと そのまま他の会社で印刷出来るよう版下をくれた。


数年前に闘病もあった社長、僕が知り合ってからだけでも20年の歳月・・・

すこし寂しいけど いつまでも同じ訳には いかないものだよね。

僕がその歳になったとき 我蘭堂の引き際を キレイに自分で こうやって決断できるかな
その時 周りに迷惑をかけずに 家族に迷惑をかけずに幕引きできるかな

今はまだ遠くても いずれかならず来る その日に向き合えるようでなくちゃ って想う。


社長、お疲れ様でした またそのうち 顔だしに行きますね。



 
by garland1992 | 2012-01-04 13:08 | Comments(0)