我蘭堂(ガーランド)バックヤードへようこそ!

garland92.exblog.jp
ブログトップ

時節のプロデュースとは

今日は年に一度の「松市」。
お正月用生け花の必須アイテムである 松のセリが行われる日です。

近年は 当日のセリで仕入れるよりも 事前の予約や、仲卸さんからの仕入れをする花屋さんが増えているので
松市のセリ中の 殺気立った空気や それとはまた反対にお祭り的なムードでの市場内の空気を味わう事は無くなりましたね。

そういう我蘭堂だって もう何年も 前日の先取りや 予約相対などを使って仕入れをしています
d0050713_1814568.jpg
それが 良い悪いではなくて 花屋の為、消費者の為になっているなら それは当たり前の流れなんだろうけど
実際はどうなんだろう。

ただ、こういう季節モノの松などは 年々需要が落ちてきていて それに伴って 生産者も減ってきていて
歯止めがきかない感じです・・・・

っていうか ほとんどの花屋さんは そういう事に対して 歯止めをしていないね
「どうしよう」  「しかたない」 って感じで・・・

まぁ 自分も含めてね・・・・


以前と比べて 松の仕入れ本数が減った事は確かだし それは決して自慢できる材料ではないけど
そんなことは 我蘭堂にとって どうでもいいことだね、そこにヒントは隠れてないと。


僕ら花屋は、 食品や日用品とちがって 今日家庭に無くたって困らないものを売るんだもの
有ったらいいなぁ って想ってもらわなくっちゃいけないんだから 売り手にゆとりがなきゃイケないね
それはむしろ金銭的っていうよりも フローリストとしての器っていうかね。

そして いつかみんなが いつの間にか 「トイレットペーパーが無くなっちゃったから買わなくちゃ」って言うふうに
「テーブルのお花取り替えなきゃね」って なっていったらステキだよね。

d0050713_19123271.jpg
「キッチンツリー」と称して 店頭に出したフレッシュツリー。
リビングばっかりじゃなく キッチンで働くお母さん達の為の小さなツリーがコンセプト。
今日、3ヶ売れました
我蘭堂としては上出来な成績です、しかも その三人のお客様共、贈り物ではなくご自宅用でした
ちなみに皆さん女性でした。

可能性感じるでしょ。


どうしてどうして 捨てたもんじゃないぞ 町の花屋も。
by garland1992 | 2009-12-13 19:23 | Comments(0)